見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬の化身'チョ・ジョンソク、撮影現場即席ギターコンサートを開いた理由は?

化身20話記事11

'嫉妬の化身'撮影現場にはチョ・ジョンソクの公演が行われる。

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'でベテランのマッチョであり、率直なサランクン イファシンキャラクターに変身し、もう一つの人生キャラクターを作り出しているチョ・ジョンソクがギターを持って演奏をする姿が捉えられた。

これは劇中の状況も、小道具もなくチョ・ジョンソク(イファシン)が持って通う個人所有のギターで撮影場いっぱいに響くメロディに皆が士気を充電して会場を盛り上げている。

ミュージカル俳優としても活躍するチョ・ジョンソクは多芸多才な才能を備えているだけに、普段にもギター演奏を好きとの伝言だ。だから、彼はしばしば撮影現場に自分のギターを持ってきて演奏をしながら活力を吹き込んでいると明らかにし、さらに和やかさを醸し出している。

このように明るい顔でギターを弾いたり、スタッフらと一緒になって、写真を撮るチョ・ジョンソクの姿はドラマに向けた関心度と好感度を自然に高めている。 これに残った4回放送を通じて、彼がまたどのような熱演で'嫉妬の化身'を視聴者たちの'人生のロコ・'で刻み込むか注目されている。

一方、チョ・ジョンソクは現在、ドラマ'嫉妬の化身'はもちろん、11月30日封切りを控えて映画'兄'を通じても観客たちとの出会いを控えている。 ブラウン管とスクリーンを行き来しながら独歩的な演技スペクトルを蓄積している彼の行動に期待が集まる。(写真=SM C&C提供)

ベヒョジュ記者
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201610280842186710

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3189-40f9c9c5
該当の記事は見つかりませんでした。