見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

納得がいく人生演技'…嫉妬の化身チョ・ジョンソク、3段変身

化身20話記事14


'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクが3段変身をした。
チョ・ジョンソクは最近、SBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌイチョンフム)で、さまざまな魅力を誇り、お茶の間劇場をひきつけている。

前半のイファシン(チョ・ジョンソク)は自分を3年間も片思いした目立ってシリ(コン・ヒョジン)の心を無視した無情なベテランマッチョだった。 記者としてはその誰よりもプロフェッショナルだけど、自分の心を正確に自覚するには下手な男、イファシンは自分を好きだったピョナリがコジョンウォン(コギョンピョ)とよくすると、隠しておいた嫉妬の本能を発揮し始めた。

嫉妬の化身'になったイファシンはピョナリに傷をつけた過ぎた日々を身にしみて後悔しながら自分の心を正確に認知することになった。 そしては非常に仲コジョンウォンに戦争を宣布、本格的にピョナリの心をつかむのに積極的に乗り出した。 全身でコジョンウォンを嫉妬してピョナリの一挙手一投足に敏感に反応する姿はマッチョ記者の反転や他ならなかった。

イファシンは結局、嫉妬でピョナリの心を勝ち取った。 本格的に恋愛を開始した2人の蜂蜜落ちる愛情攻勢は、見る人たちの胸をわくわくさせている状況。特にピョナリの仕事と愛をすべてきめ細かく配慮し、配慮する心の中のファシンの愛の法は多くの女心を焦土化させる十分だったという評価だ。

特に、このようなイファシンキャラクターの3段変身はチョ・ジョンソクであったために可能だったという反応だ。 自尊心が空を刺した男性が乳がんにかかって、人知れず頭を悩ませて、自分の秘密を共有するようになったピョナリを片思いするようになった後嫉妬でやきもきするシーンは見る人もはまって打ち込むことができるように作ったからだ。

チョ・ジョンソクは定まらない視線、語尾を乱す行動一つにもキャラクターの感情を完全に盛り込んで、もう一度の人生の演技、もう一つの人生ロコを誕生させたという好評が相次いでいる。 これにイファシンが愛に目覚めて変化して成長する場面一つ一つ、いずれも見逃せない複線であり、余韻深い名場面と位置づけられている。
'嫉妬の化身'は毎週水、木夜10時に放送される。

http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008072903

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3198-bd4b9881
該当の記事は見つかりませんでした。