見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

代替不可"…'嫉妬'チョ・ジョンソクvs.'ショッピング王'ソ・イングク

嫉妬に苦しむマッチョと純粋な物知らずの小さな王子

これらを代わりにする者、誰がいるだろうか。 SBS TV水木'嫉妬の化身'のチョ・ジョンソク(36)とMBC TV'ショッピング王ルイ'のソ・イングク(29)が代替不可能に見える名演技を披露し、秋の夜を彩っている。 たとえドラマが大々的な話題を集めていはいないが、これらのドラマでチョ・ジョンソクとソ・イングクが展開した演技は一人で見るにはもったいないという思いを自然にさせる。

キャラクターをぐちゃぐちゃかんで完全に自分だけのもので、消化しているこの二人の俳優がプレゼントする毎瞬間が食べなくてもお腹がいっぱいの満腹感を抱かせてくれる。

2人の俳優の対決が龍虎相搏(りゅうこうそうばく=同じくらいの実力をもつ強者のふたりが戦うこと) 、視聴率競争も薄氷だ。 この27日'嫉妬の化身'が10.2%、'ショッピング王ルイ'が10.5%を記録した。 チョ・ジョンソクとソ・イングクがよりによって同じ時間に競争するのが惜しいことだけだ。

化身記事75

◇嫉妬に苦しむマッチョ チョ・ジョンソク
"皆さん‼ピョナリが俺の事をもっと愛してるんだ~! ピョナリが俺にだけ嫉妬するだ!"と大声で掛け声を叫びながら勝利感に酔って月夜にダンスを踊ったチョ・ジョンソクの姿に爆笑しない者いるのだろうか。

恋と嫉妬で目がくらん'男前'がどこまで墜落して壊れかねかを示す'嫉妬の化身'でチョ・ジョンソクは、主人公、イファシンの細胞一つ一つを蘇らせ、視聴者に配達する

化身記事76

彼がなかったら、イファシンというキャラクターがこんなにリアルに具現化されなかったという意見が支配的だ。 こっけいな状況、コメディーに決心してかかったソスクヒャン作家がむしろを敷いてくれたのだが、チョ・ジョンソクがいなかったら、イファシンという人物の細密な変化と裂けるような葛藤、招致するが、正直な歓喜がこれほど生々しく伝わっていはできなかったはずだ

嫉妬の化身'が描こうとする、男女スキャンダルの目覆してなる激情の瞬間瞬間はチョ・ジョンソクのイファシンを通じて満開する。 コン・ヒョジンをはじめ、俳優たちの選んでの好演が丈夫に大黒柱になってくれたりするが、、毎回決定的な一発を責任を負うのは、ドラマのタイトルロールを受け持った嫉妬に陥ったイファシンだ。

ソスクヒャン作家は天下のマッチョであり、'ならなくて飲んた利己主義者'イファシンを、乳房癌患者に設定したもので、このドラマの方向性を明確に提示した。 ここにチョ・ジョンソクは'一つを言えば二人をこなす'喜劇演技で'嫉妬の化身'のB級コメディーを豪華に作る。

作家が仕掛けた設定と状況がとても意地悪、俳優が埋没する危険が大きな'嫉妬の化身'でチョ・ジョンソクは、そのすべてのブービートラップ(触れると爆発するようにした装置)を巧みに避けて通って、イファシンという人物に強い説得力を吹き込んでいる。←まさに、その通りと思います

化身記事77

チョ・ジョンソクは、直ちに放送ニュースのアンカーをしてもいいほど正確で、伝達力いい・リポーティング・展開と進行腕前を披露して魅了する。 普通の・現職の放送記者たちよりも発音が優れているという評価だ。 映画'建築学概論'の'ナプトゥギ'も、'嫉妬の化身'のイファシンもチョ・ジョンソクという事実が驚くだけだ。

化身記事78
(以降省略)

(ソウル=連合ニュース)ユンコウン記者=
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/10/28/0200000000AKR20161028130600033.HTML?input=1195m

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3203-ce3bc93b
該当の記事は見つかりませんでした。