見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬の化身'チョ・ジョンソクの成長そして、イファシンの成長期

化身20話記事16

俳優チョジョンソクがSBS水木ドラマ'嫉妬のファシン'を通じてどんなキャラクター衣装を着ても、心の扉を解決できる'万能のカギ'だと真価を証明した。

チョ・ジョンソクが最近人気裏に放送中の'嫉妬の化身'で演じたイファシンは優越感と自己愛に濡れて胸を出して歩く天生マッチョだ。 劇序盤にはロマンスに没入を妨害するほど、刺のある言葉と醜い行動だけを選んでした。 視聴者らの頭の中を一日中占領して胸をくすぐっべきロマンチックコメディードラマ男主人公がこうだった。 俳優チョ・ジョンソクに対する好感度を離れ、イファシンという人物だけを見みると、'非好感'票を得ることもあった。

こうしたイファシンはチョ・ジョンソクに会って変わった。 イファシンは演技ることには線が太くて派手な方だ。 誇張されたり、現実とかけ離れた人物と映りかねたが、チョ・ジョンソクの繊細な手がイファシンへの没入度を高めた。 そのおかげでイファシンは、劇の半ばを過ぎて後半に差し掛かるほど、一つずつ魅力を漂わせ、チョ・ジョンソクの想像を超えて素晴らしい生活演技まで加わり、人の匂いがする立体的な男で'女心'をつかんだ。

化身20話記事17

イファシンは多重の魅力の持ち主だ。 序盤は自分を片思いしたピョナリを頭から無視して"簡単な女は嫌いだ"は、毒舌を吐く'鉄壁の男性'だった。 以降、傷だけ与えた女子ピョナリに嵌って途方に暮れている男の端くれが、もうピョナリが怒るのも愛らしくて笑いを我慢できない'サランクン'に変わった。

他のドラマなら様々なキャラクターが担当するような性格がイファシンの中に総合されている。 格好よくて笑わせて壊れて、ときめく多彩な変化は20部作を経て、徐々に進行されて1話イファシンと20話イファシンを比較すると変身に近い。 予想できない新鮮で面白い。 極と極、全然違う人になったが、チョ・ジョンソクは、視聴者たちが無理なくイファシンの感情移入して共感するようにリードした。 普通の十人がキャラクターと比べても大丈夫な魅力男と記録された。


化身20話記事18

イファシンの変化はすぐに成長だった。 利口でがっしりした記者も、兄を私の手で告発し、家族から捨てられた欠乏をの日差しのようなピョナリと会って、つめていった。 ピョナリを得るために感情が激変を経験しながら不安になることも知ってそれを解消するために相手を守ることも知っている完成型として生まれ変わった。 完璧であろうがなかろうが、ロボットのようだった彼が完全な人になった。

嫉妬の化身'は、イファシンの成長期が整然と込められた。 ともに、チョジョンソクの成長も確認できるフィルモグラフィーとして残るだろう。 イファシンの成長期とチョジョンソクの成長を応援する人々が増えた

元記事

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3205-cb05edc2
該当の記事は見つかりませんでした。