見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'サイド"チョ・ジョンソク演技、スタッフたちも息を殺した"

↑お題だけ見てもドキドキしてきます(>_<)

11月2日に放送されるSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'21回ではイファシン(チョ・ジョンソク)が自分の乳房癌手術担当医だったクムソクホ(ペ・ヘソン分)の診療室を訪問、クムソクホから意外な言葉を聞くようになる。

その間、イファシンは乳房癌手術後解明しなければならないほどの食べ物を食べて激しい動きのため、セロマ(乳房癌手術後組織が癒え前に炎症が生じる症状)が発生したりもしたが、きちんと放射線治療を受けに通って完治のために努力した。

化身21話記事4


これにイファシンがクムソクホの診療室を訪れた理由にさらに疑念が集まる状況。社内、オスを訴えていた彼が熱心に治療に専念しただけに朗報が待っているか、あるいは予期すらしなかった情報日誌にも関心が集まっている。

特にこの場面でチョジョンソクが言葉では説明できない、イファシンの感情を専売特許の繊細な演技で解いたとされ、期待感を上昇させている。

嫉妬の化身'関係者は"表情、眼差し、いずれも一つとして逃していないチョジョンソクの演技を、スタッフたちも息を殺して見守った。 実際イファシンだったらチョジョンソクのように行動したのだと考えたほど、イファシンの感情がそのまま伝わっただけに視聴者らも一緒に共感して泣いて笑うこと"と伝えた。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611020821492410

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3221-0fefcd60
該当の記事は見つかりませんでした。