見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

"甘い眼差し+微笑"…'嫉妬の化身'チョ・ジョンソク、実際は親しい記者さん"

化身21話記事11

'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクが撮影現場を優しい魅力で染めている。

チョ・ジョンソクはSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌイチョンフム)でやつれたマッチョ記者で目立ってシリ(コン・ヒョジン)だけを眺めるサランクンと、徐々に変化しているイファシン駅で熱演中だ。

劇中のイファシンはかんかんに腹を立てて毒舌を躊躇しない'マチョナム'だが、現実のチョ・ジョンソクは限りなく優しい。 チョ・ジョンソクは、休み時間にも先輩・後輩俳優や子役俳優まで老若男女を問わず相手を、温かくて楽に接し、撮影場の雰囲気を柔軟に作り続けている。

特にチョ・ジョンソクは最近、野外で行われた子役のソルウヒョンとの撮影で絵を描く姿を愛情を持って見守ったり、肌寒い天気に子供の健康を心配して現場を和やかで愉快に導いた。

チョ・ジョンソクは、このような体についてある優しさを'嫉妬の化身'を通じてイファシンの純愛にアレンジしている。 劇中のイファシンは冷徹なマッチョ記者でピョナリに世の中一番甘いサランクンに徐々に変わっていっているのには、こんなイファシンの変化はチョ・ジョンソクが本来持っている'優しさ'から出発する。

一方、'嫉妬の化身'は3日夜10時22回が放送される。

http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008091470

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3233-26012ca4
該当の記事は見つかりませんでした。