見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

終映D-3'嫉妬'、この特別なロコがお茶の間劇場に残したもの

とうとうカテゴリーに
23話&最終話作りました(T_T)/~~~


[OSEN=イ・ソダム記者]SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌイチョンフム)が残したのは何だろうか。

一般的なロマンチックコメディーとは違って、24部作という長い呼吸と予測を外れたストーリー、示唆を与えている素材と破格的な展開は'嫉妬の化身'だけのアイデンティティであり、違いだった。

何より'嫉妬の化身'は24部作のうち22回を走ってきた今まで3ヵ月間、視聴者たちと一緒に目立ってシリ(コン・ヒョジン)、イファシン(チョ・ジョンソク)の話をきちんと描いた。 ピョナリの片思いに始まった話は両足を経て、ついにイファシンと双方向関係になっており、この過程で二人は乳房癌治療のために病室を共に使い、一緒に住んでみるなど強固の間を固めた。

これに今はお互いになしでは生きられないピョナリ、イファシンが着々と固めて具体的に暮らすドラマの可能性につながり、視聴者たちはこれらを最も近くで一つ一つずつ見ながら、走ってきたため、'嫉妬の化身'を向けた愛情がさらに人一倍しかない状況。

化身23話記事1


嫉妬の化身'はピョナリとイファシンの話をまじめで粘り気があるように解釈し、視聴者が2人を理解して愛するしかないように作った。 その分ストーリーがしっかりし、疎通するドラマだったのだ。

だけでなく、ロコでよく取り扱われていなかった乳がん、不妊、セックスレスなど関心を促す問題を投げ、重い素材を軽んじないようにしかし、愉快で、真剣に伝えた

一方、先日の放送でイファシンは放送局内に広がったピョナリが乳がんという噂を鎮めるために、放送で直接自分が乳癌患者であることを告白した。 彼は愛する人がいなかったら勝てなかっただろうという言葉でピョナリに感謝の気持ちを伝え、同時に珍しい男乳がんについての苦痛、不便さなどを言及して少数の苦痛に対して考えて見るように作った

http://osen.mt.co.kr/article/G1110530871

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3249-ae754ae5
該当の記事は見つかりませんでした。