見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬'チョジョンソク、どこでも見たことのないロコの定石(ジョンソク)&'嫉妬の化身'チョ・ジョンソク-コン・ヒョジン、甘やかな終止符を打つができるだろうか

化身24話記事2

俳優チョジョンソクが'嫉妬の化身'を通じてロマンチックコメディーの定石らしい魅力を、再度立証した。

10日、終映を控えているSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ)ではピョナリ(コン・ヒョジン)を幸せにしてあげるために悩むイファシン(チョ・ジョンソク)と、イファさえいれば幸せだというピョナリの嫉妬誘発ロマンスが実に向かって近づいている。 不妊の判定を受けたイファシンに再び自信を吹き込んだのはピョナリの確実な愛情表現。片思いと片思いを経た二人の強固な関係がどのように発展するか注目される。

ロマンチックコメディーをよくするとはよく知っていたが、予想よりさらに'烈日'してくれたコン・ヒョジンとチョジョンソクは'嫉妬の化身'の上昇ムードを最後まで導いた。 コギョンピョ(コジョンウォン)とともにどこでも見たことのない三角関係を展開して、視聴者たちのときめき指数を責任を負った。ここセンスのある演出とBGMが加わり、'ロコ王座'らが演技する人物たちはさらに愛らしく描かれた。 ありふれていない状況に直面していることにも共感を呼ぶ人物の感情の変化がお茶の間劇場を魅了させた。

チョジョンソクが演じるイファシン役は、劇中で最も大きな感情の変化を経験した。 愛においては片思いの対象から話者に役割が転じており、同劇の後半シンナリカップルが実現された今もチジルハさと落ち着きをまたがって活躍している。 それでは、イファシンは三角関係でより多くの支持を得たのは自分の気持ちを率直に表現したおかげだ。 チョジョンソクはロマンスを完成させる深くある目つきでイファシンの心を視聴者たちにより来てつくように伝えた。

やや破格的な男性の乳がんや不妊という素材は、笑いとその中に含まれたメッセージで表現された。 イファシンは'マッチョ'に設定されている。 それで、誰より乳房癌闘病事実を隠そうとし、不妊の判定に自信を失った。 このような痛みをピョナリが治癒し、イファシンもマッチョ価値観から少しずつ脱却することができた。 実際に乳がん検査を受けたチョジョンソクは"少しでも患者の方の心を感じた。 撮影しながらも、慎重だったが、、キャラクターをよく消化するために努力した"と明らかにした。

前作tvN'ああ、私の幽霊さま'でそうしたように、チョジョンソクはツンデレ専門職としてときめきを誘発するのに卓越した能力を持っている。 コン・ヒョジンが"ソスクヒャン作家先生に相手役としてチョジョンソクを直接推薦した"いう秘話を伝えたほど、二人のロマンスケミストリーも保障された。 それで'嫉妬の化身'は多くの視聴者の愛を受けることができた。 '嫉妬の化身'がピーク前後で収めた有終の美は10日午後10時放送を通じて確認できる。

http://pop.heraldcorp.com/view.php?ud=201611100931047213395_1


★'嫉妬の化身'チョ・ジョンソク-コン・ヒョジン、甘やかな終止符を打つができるだろうか

化身24話記事1

チョジョンソクとコン・ヒョジンは幸せな結末を迎えることができるか、今日'嫉妬の化身'が大団円の幕を閉じる。

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ-イチョンフム)の製作陣は今日(10日)最終回放送を控えて"瞬時も目を離せないエピソードで武装した"と期待を高めた。

最も先にピョナリ(コン・ヒョジン)-イファシン(チョ・ジョンソク)が順調に結婚まですることができるか二人の未来に耳目が集中する。 不妊の判定を受けた梨花(イファ)シンは票も見送ると結婚をする考えを起こさなくており、目立ってシリはそんな彼を説得した。 さらに、ナリの弟ピョチヨル(キムジョンヒョン)までイファシンを快くは思っていない。

しかし、イファシンの人生で目立ってシリは絶対に欠かせない存在でありピョナリもイファシンを向けた心が固いに粘り強い苦難をともに対抗した。 これに、2人のロマンスが誰も予想できない驚くべき結末を迎えることになると。

また、ピョナリ・イファシンの放送局内キャリアも、主要観戦ポイントになる見通し。先日の放送でイファシンはニュースで既得権者たちの過ちを加減なく言って広告が離れていきたし、社内の幼稚園と発令命令まで受けることになった。 不妊である彼には過酷な仕打ちが、彼が素直に会社の指示に従うことになるかは未知数だ。

だけでなく、アナウンサーになったが、契約職であるピョナリは選挙の生放送でミスをして最近もニュースクロージングをしなくなるなど、アナウンサーとして厳しい第一歩を踏み出した。 ために長年の望みで目標だった正規職アナウンサーの夢を実現できるかも今日放送で確認できる。

イマジマクにイパルカン(ムン・ガヨン)のイファシンボイス・フィッシング事件も今日の仕上げされる。 ファシンがバンジャヨン(パク・ジヨン)とキムラク(イ・ソンジェ)が置いてきたお金1,000万ウォンを発見し、事件のすべての情況を分かるようになると伝えて、果たして彼が家族の前でどんな反応をするのか、疑問を加える。

この他にもキムテと(チェ・ファジョン)という山にぶつかったバンジャヨンとキムラクの関係、寂しさに迫るケソンスク(イ・ミスク)の嘆き、狂った18歳ピョチヨル、イパルカン、オテグの姿まで'嫉妬の化身'をともに率いてきた人物の話も会ってみることができる。

最後の観戦ポイントに期待と不安を生んでいるSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'最終回は、今日(10日)夜10時に放送される。

http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2016/11/10/2016111001645.html

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3276-95716dd0
該当の記事は見つかりませんでした。