見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'視聴率1位'チョ・ジョンソク、スクリーンまで掌握するか?

兄記事56

俳優チョ・ジョンソクがブラウン管を越えてスクリーンまで受付を予告した。

放送中、最高の人気を謳歌したSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'が過ぎた10日、終映した。 八方美男チョ・ジョンソクとロコクィン、コン・ヒョジンの出会い、はじめから緊張感に満ちた三角関係、最後まで安心することができなかった展開など多様な魅力を自慢した'嫉妬の化身'。ゆえに不満を吐露するの視聴者たちの声も大きい。

しかし、寂しさもつかの間、'嫉妬の化身'を終えたチョ・ジョンソクが映画'兄'を通じてスクリーンで舞台を移している。
映画'兄'は後退前科10犯兄(チョ・ジョンソク)と、成功した国家代表の弟(ドギョンス)、人より劣った二人の兄弟の一寸先も見られない呆れた同居ストーリーを描いたブロコメディー。

チョ・ジョンソクは'兄'で家出した戻ってきた詐欺師兄ドゥシクの役を演じて、がさつな柔道選手弟ドゥヨンドギョンスとの兄弟ケミストリーを披露する。 映画'兄貴'は公開するコンテンツごとにチョ・ジョンソクとドギョンスのそっくりな外見から、些細なことで争う姿まで話題を集め、下半期の最高期待作として定着した。

兄貴'のドゥシクは嫉妬で点綴された姿まで可愛さとして消化するチョ・ジョンソクの魅力はそのまま維持する。 ここに特有の瞬発力と機転を加えて作った人物である。 弟を食い物にする工夫で没頭する姿とサングラスをこっそり下し、建設する自然な表情、多様なラーメンの種類を列挙するコミックタッチの台詞までチョ・ジョンソクであってこそ可能な演技で完成された。 憎らしいながらも魅力的な歴代級キャラクター、兄が誕生したのだ。チョ・ジョンソクは"最も情が多い作品"と映画'兄貴'を紹介し、ファンの期待を集めている。

演技の化身チョ・ジョンソクが人生のキャラクターとしてスクリーンにカムバックする映画'兄'は24日に封切りする。

http://www.sportsworldi.com/content/html/2016/11/16/20161116000863.html?OutUrl=naver



★チョ・ジョンソク魂までターン'兄貴'第2のナプトゥギを残して

チョ・ジョンソクとドギョンスが出演する'ブロコメディー'、チョ・ジョンソクのワンマンショーになるだろうと予想することができる。 そしてそれは現実となった。

11月15日、マスコミ試写会を通じて映画'兄'(監督グォンスギョン)が初公開された。 後退前科10犯、監房に収監された兄ドゥシク(チョ・ジョンソク)が、国家代表の柔道選手だったが、不意の事故に遭って目が見えなくなった弟ドゥヨン(ドギョンス)を利用して仮釈放後に起った素晴らしい同居ストーリーを描いた。 '裸足のギボン'(2006)グォンスギョン監督が演出して'7番部屋のプレゼント'(2013)ユヨンア作家がシナリオを書いた。

映画は大きく二つの部分に分けて前半部が笑いを、後半に涙を担当している。 一応チョ・ジョンソクが主演俳優に出演するという点でコミックな要素は十分に確保したと見ることができる。 チョ・ジョンソク特有の自然て、一方で端くれて、その中に変にいる(?)ユーモア演技が爆発する。 最近、人気裏に終映したSBS'嫉妬の化身'の中イファシンと映画'建築学概論'(2012)の中ナプトゥギを混ぜておけば'兄'のドゥシクが誕生する。 特にこれ見られない弟ドゥヨンに女を教えてくれとコーラ瓶を前に置いて女を誘惑する方法を伝授するシーンでは'X出てくるように混ぜて'と叫んでいたナプトゥギが自然に連想される。

たまにドギョンスが手伝ったが、映画の笑いのコードは全面的にチョ・ジョンソクが担当している。 映画'ラッキー'(2016)の中のユ・ヘジンが一人で孤軍奮闘することを思い浮かべればいい。 詐欺師に、これ見られない弟背筋得ようだけをする悪いやつであるだけに、悪口も口につけて、あらゆる下品なことも毎ない。 そうしながらも決して憎くて見えないものはチョ・ジョンソクが持った底力

後半部でもチョ・ジョンソクは熱働く。 コミック演技で熱働いたので、これからは正極で涙を出す番だ。 なんだかんだといたドギョンスと生き別れに生じたチョ・ジョンソクは、いつそうしたかのように慎重で重い演技トーンに正極も消化する。 涙の演技も、一品だ。 笑わせた鳴った、'兄貴がチョ・ジョンソクの魂まではたいて工面した映画という感じがする理由だ。

実際の兄弟であるかのようにそっくりで二人の外見がドラマの感情移入を助ける。 ドギョンスの盲目の演技も入らないほどだ。 ただし、誰もが予想可能な新派的展開が残念だ。 果たしてブロコメディー'兄貴'は'ラッキー'に沿ってコミック映画の一線を引いてもらえるのだろうか。 11月24日封切り

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611151652416710

※「ラッキー」
ユ・へジン主演のコメディー映画
日本映画「鍵泥棒のメソッド」のリメイク版

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3307-2c3414ff
該当の記事は見つかりませんでした。