見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

共演者インタビュー&嫉妬'ソ・ジヘ"チョジョンソク、コミックアドリブ乱発…大変だった"VS「アドリブは控えろ」という仲間の要請に対するチョ・ジョンソクの弁明'

嫉妬の化身が終了して共演者インタビュー記事も続々UPされています。
そこで出た苦情についてジョンソクさんが弁明してますwww


★嫉妬の化身'コギョンピョ"チョ・ジョンソク、コン・ヒョジンと笑い爆発すれば、困惑した"

化身記事81


同日、コギョンピョは'嫉妬の化身'で呼吸を合わせたチョ・ジョンソクとコン・ヒョジンについて"先輩たちが先に後輩たちに親しみを持ってするのが大変だ。 ところで私の面倒を見てくれて演技を方向性を握ってくれた。 ジョンウォンのキャラクターの八割は、彼らが作ってくれた"、"他の先輩たちもそうでソスクヒャン作家先生もたくさん助けて励ましてくれた"と話した。

さらに、コギョンピョは"先輩たちと作業できて光栄だった"、"たくさん学んだ。 憧れた先輩たちとした作品で呼吸してとても光栄だった"と話した。

コギョンピョは特に劇中のコン・ヒョジンを挟んで対立したチョ・ジョンソクの助けをたくさん受けたと。 これにコギョンピョは"チョ・ジョンソク兄が'私がロダジュ(ロバート・ダウニージュニア)なら、あなたはジョージ・クルーニー'とした。 そのようなイメージを想像して雰囲気を作ったらいいとお話をし助けになった。 小さいけど、男らしい香りを出すことができるように手伝ってくれたようだ"と伝えた

また、コギョンピョは、撮影中のエピソードを吐露した。 コギョンピョは"私の全部笑いが多くて演技して笑いが吹き出れば止められないときが多かった"、"お互いに疲れて大変だろうに、笑いが起これば、撮影がディレーなってお互いにすまないないか。 ところで笑いが吹き出ればそれを再び元に戻すことが、当惑した"と話した。

最後に彼は"お互いに笑うと言っても、再生する時はお互いに笑いが起きた。 それで和気あいあいとしていたらしい。 楽しく撮影したようだ"と述べ、注目を集めた。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611141516044910


★嫉妬'ソ・ジヘ"チョ・ジョンソク、コミックアドリブ乱発…大変だった"

化身記事82

チョ・ジョンソクとのキスシーンは容易ではなかった。 ソジへは"私が背が高い方なので難しかった。 それでも放送では猪突的にちゃんと出たよ。 放送後、友人たちが'うらやましい'はメッセージを送ってきた"と記憶した。 チョ・ジョンソクについては"相手の俳優をよく受けてくれている"、"コミックの要素を狙って現場でさり気無くアドリブを投げた。 そんな部分でNGがたくさん出て少し大変だった。 とても笑わせてお兄さんに少しだけ我慢してほしいとお願いした"と親交を説明した。

http://pop.heraldcorp.com/view.php?ud=201611161108517201715_1



★「アドリブは控えろ」という仲間の要請に対するチョ・ジョンソクの弁明'


化身記事80

俳優チョ・ジョンソクが「チョ・ジョンソクの面白いアドリブのせいで演技ができない」という同僚の苦情に「絶対にそうではない」と抗弁を始めた。

チョ・ジョンソクは16日午後、三清洞のあるカフェで毎日経済スタートゥデイとのインタビューで「一緒に呼吸を合わせた同僚俳優たちがチョ・ジョンソクのせいで撮影が難しい。面白いアドリブが神の境地だと言っているが、どう思うか」という質問に、「それは認めることができない」と答えた。

彼は「多くの方々の『先入観』とは異なり、私はアドリブをそんなにしない」とし「台本に極めて忠実に演技する」と堂々と話した。

続いて「一緒に作業をしたにもかかわらず、そのように感じて話すなんておかしい」とし「どうしてでしょうか」と笑って反問した。

彼は「セリフが終わったにもかかわらず、監督がカットを叫ばなければ、その場で終えたり、じっとしているのではなく、その状況で思い浮かぶままに単語を続けていく。ほとんどの俳優たちがそのようにするが、私の場合はそのときに投げかけた話が編集されずに生き残ることがあるためのようだ」と話した。

また「完全にアドリブをするように注文される場合を除いては、任意で一人ですることはない。先立って話した状況での私の行動が面白いようだ。だから仲間たちが、当時の私の行動、発言をアドリブをしていると思っているようだ」と説明した。

いたずらな表情を作ったまましばらく考えにふけた彼は、「思い出してみると、『建築学概論』で『どうしようか、お前?』とか、キスについて説明するときに、いくつかのセリフがアドリブではあった。それがあまりにも話題になったせいで、そのようなイメージがより強くなったようだ」と話した。

これと共に「明らかなことは、多くの方々の考えとは異なり、私はアドリブをあまりしない方だ」とし「リズミカルな私の話し方やスタイル? それによって演技自体がアドリブのように見える面もあるようだ」と付け加えた。

一方、チョ・ジョンソクが出演する映画『兄貴』は詐欺の前科10犯の兄(チョ・ジョンソク)と、順風満帆だった国家代表の弟(ド・ギョンス、EXOのD.O.)の止められない友愛を描いた映画だ。他人よりも仲の悪かった2人の兄弟の一寸先も予想できないものすごい同居ストーリーを描いたブラザーコメディ映画だ。来る24日に公開される。
スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=45477


★ソ・ウンス"チョ・ジョンソク、コン・ヒョジン先輩と呼吸栄光・・・・・・

化身記事83

コン・ヒョジンとコジョンソクは'生活、演技の達人'と呼ばれるほど、豊かな感情と演技力を所有した俳優だ。 ここに地上波の水木ドラマとは、デビュー舞台は新人のソウンスに、大衆的な認知度を積むことができる最高のチャンスだった。

"コン・ヒョジン先輩が私に任されたリホンダン役割をしっかり保ってくれました。 リホンダンはとても幼いからピョナリ(コン・ヒョジン)の母といえば分からないことができます。 気兼ねせずに気楽についだとしました。 本当に大きな助けになりました。 コン・ヒョジン先輩がどうして長い時間ミニシリーズの女王として君臨するのか知ることができました。"

コン・ヒョジンだけでなく、ジョンソクもお手本になるのは同じだった。 ソウンスはジョンソクについて"驚くほど柔軟な俳優"と表現し、"いつも台本その以上を生かしている。 'どうしてあんな演技をすることができるだろうか'という考えでいつも学んだ"と振り返った。

http://sports.hankooki.com/lpage/entv/201611/sp20161116070020136720.htm


★'嫉妬の化身'パク・ソンフン"ジョンソク、コン・ヒョジン演技の才能、感嘆して学んだ"

化身記事79

パク・ソンフンは"ジョンソク兄さんとコン・ヒョジン姉さんを横から見ながら感嘆した。 あまりにも二人を好きだった"と口を開いた
さらに、"個人的にジョンソク兄さんはミュージカルの時から本当に好きだった。 あまりよくして魅力あると考えた。 一緒にすると話を聞いた時、気分が良かった"と打ち明けた。

そして、"台本受けてみて'このようになると'考えたが、撮影するのを見たら演技をあまりよくしている。 '才能あるんだ''センスがいいんだね!''どうしてあんなふうに表現することが'感嘆しながらたくさん学んだ"と付け加えた。

http://stoo.asiae.co.kr/news/naver_view.htm?idxno=2016111511052948170

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3308-4389f9e1
該当の記事は見つかりませんでした。