見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク"兄貴'コミックシーン、ナプトゥギ オマージュ"笑 & 兄貴'チョ・ジョンソク、カンドンウォン主演の競争作品に"興行自信がある

名古屋の初日19日上映スケジュールを
Jメンバーさんが電話で問い合わせしてくれました
プロフィール欄にあります。

1日5回!さすがです!

★チョ・ジョンソク"兄貴'コミックシーン、ナプトゥギ オマージュ"笑 

兄記事59

俳優チョ・ジョンソクが映画'兄'の中のシーンに対する話を伝えて注目を集めた。

チョ・ジョンソクは16日午後、ソウル三清洞(チョンログ・サムチョンドン)のあるカフェで取材陣と会って"ナプトゥギオマージュをした"
彼は同日、'兄貴'の中で映画'建築学概論'のナプトゥギを思い出すシーンがいくつかあるという質問に"私もしながらナプトゥギの考えをした"と明らかにした。

さらに、"わざわざナプトゥギオマージュを少ししたものもある。 意図したことはあった"、"ナプトゥギの姿を思いながら演技をした"と話した。

http://osen.mt.co.kr/article/G1110536696


★兄貴'チョ・ジョンソク、カンドンウォン主演の競争作品に"興行自信がある

兄記事58

チョ・ジョンソクが11月映画大戦に参戦した感想と"興行に自信がある"と強調した。

映画'兄'(監督グォンスギョン)に出演したチョ・ジョンソクは11月16日、ソウル鍾路区三清洞のある喫茶店でニュースエンと会って、同時期の競争作品を侮れない作品を会ったことを言及した。 ちょうどこの日、カン・ドンウォン主演の映画'隠された時間'が公開された

これにチョ・ジョンソクは"興行自信がある。 自信はいつもいる。 今後も続くだろう"と口を開いた。

さらに、"もちろん負担感もある。 映画'特ダネ:リャンチェンサル人気'(2015)の時本当にひどかった。 しかし、自信はいつもいつもいた。 自信がなければ俳優をしてはならない思う。 できるという自信感があってこそ、どんな役割も挑戦できるのではないか 思う"と自分の信念を明らかにした。

自信の源泉が何かという質問に"外見に対する自信はあまりない。 ただ、何か役割を引き受けるときだけは自信ある。 私が持った自信となったという心構えを話すのだ。 精神から出るようだ。 私の性格が楽天的で肯定的だ。 自信がなければできることもできないんじゃない。 そういうマインド"と説明した

チョ・ジョンソクは"私はいつもいつも興行俳優になりたい。 'これは興行する'思いながら作品を選定して、私の'触'が発揮したりもする"、"映画がうまくいってこそ、私の違う姿をまた見せてさし上げられるのではないか。 舞台公演をたくさんして見ましたが、一分の観客ももちろん大切だが、百人の観客が満ちてあれば、俳優たちが喜悦を感じる"と興行の望みを明らかにしたりもした。

最後に彼は"誰が称賛と肩上がる必要はなく、誰ができないとして落ち込む必要ないというマインド"と堂々さを伝えた。
一方、映画'兄貴'は後退前科10犯兄(チョ・ジョンソク)と、成功した国家代表の弟(ドギョンス)、人より劣った二人の兄弟の一寸先も見られない呆れた同居ストーリーを描いたブロ・コメディだ。 11月
24日封切り

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611161253446710

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3309-6b6bce2d
該当の記事は見つかりませんでした。