見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

インタビュー①-1末っ子チョ・ジョンソク"19歳年の差伝説の'兄'のおかげで"

今朝の地震は長く揺れてちょっとドキドキしましたが
被害等出ないといいですね


兄記事66

(ソウル=フォーカスニュース)チョ・ジョンソクの目を輝かせた。 19歳年の差の大きな兄を語る時だった。
"われわれ大きな兄は伝説でした。"この一言がすべてを説明した。 チョ・ジョンソクがどうして映画'兄貴'シナリオを見ながら涙が出たのか、この作品に愛情を持つようになったか言葉だ。

映画'兄貴'はドゥシク(チョ・ジョンソク)とドゥヨン(ドギョンス)、兄弟の物語が書かれた。 ドゥシクは、詐欺の前科10犯で柔道国家代表の弟ドゥヨンの障害を売って仮釈放される。 ドゥヨンは事故で視力を失った。 望まない同棲をするようになったドゥシクとドゥヨンはどんどんお互いに対する心を開いていく。 その中で'家族愛'を話す。

チョ・ジョンソクは映画'兄貴'シナリオを昨年tvNのドラマ'ああ、私の幽霊さま'撮影現場で見た。 涙が出て、スタッフたちの視線を避け、窓側の方に行って涙を流した。 彼は"どうしても誰もが共感できる家族愛を扱ったからです。 また、私が'兄'があるのを見たため、物語にもっと完全に刺されていたようです。 '陳腐だ、新派(家庭悲劇を扱ったメロドラマ物)だ'する言葉に否定したくはありません。 しかし、私には大きく感じました。 その心で始めたようです"と語る。


兄記事67

実際の家では末っ子であるチョ・ジョンソクが映画'兄貴'ではドゥヨンのお兄さんになった。 弟になったドギョンスとの呼吸は満足以上だった。 ドギョンスが映画'カート'(2014)で登場した時から印象深く見た彼だ。 彼は"演技は上手でも、頭の働きが鋭くないと、限界に直面するようになります。 ところがギョンスはとても頭の働きが鋭い友達、吸収も早くて、感情も豊富です。 俳優として、良い資質を持った友達だと思いました"と弟誇るかのようにドギョンスの自慢話を並べ立てる

最も満足するシーンも同様に、ドギョンスとともにした場面だった。 映画'兄貴'の中でドゥシクはドゥヨンと一緒に病院に行く。 ドゥシクの詐欺にドゥヨンが合流した場面だ。 当時を回想し、チョ・ジョンソクは"私はギョンスがとても笑わせて持って"と笑った。 さらに、"俳優が技巧とスキルで笑わせるのは限界があります。 相手役の俳優となった時、そのシーンに力ができて笑いの幅もさらに大きくなるようです"と満足感が増す。

エンディング曲でもチョ・ジョンソクとドギョンスの呼吸は輝いた。 二人はともに'心配しないで、あなた'を呼ぶ。 当時を回想し、チョ・ジョンソクは"本当にドゥシクとドゥヨンになった感じ"と明らかにした。 "選曲も気に入ったし。 和音を作る時、私が高音を担当しましたが本当にドゥヨンがを庇護する感じがしました。 ギョンスを支えてくれる気だったらという風に録音しました。"


兄記事68

チョ・ジョンソクは心に触れるシナリオを見ると、"絵が描かれる"感じを受ける。 映画'兄貴'シナリオもそうだった。 チョ・ジョンソクがまるで実際に歩いて通っている人物のように、地に足をつけたキャラクターを作るする秘訣でもある。 そして'兄貴'は特に"61年生お姉さん、64年生長兄、70年生:小さな兄"のおかげでもある。

"町で長兄は伝説だったです。 ボクシングをしたんですよ。 次男が一度事故を起こして長兄に、すごく怒られたことがあります。 伝説的な話でした。 そして私が高校生になって迷う時兄が来たんです。 訪問をちょうど閉めて'なぜ私が君を打たないのか知ってる?'と聞いては'死ぬかもしれないから打たないんだよ。 だからよくして'とするのに、そこそこだったんです。 たくさん愛されながら育ちました。(笑)"

チョ・ジョンソクに'兄貴'が特別できる理由だ。 彼はマスコミ試写会で"'兄'は笑い二倍、感動二倍、合計が四倍"と説明した。 自分の話であり、皆の話ができる'家族愛'という地点はチョ・ジョンソクが挙げた'兄'の最も大きな共感ポイントだ。

"私は本当にシナリオ読む時、序盤は笑わせて中・後半、号泣したんですよ。 全世帯を経て見ることができる映画ではないかと思います。 家族愛を取り上げているからです。 '兄貴'がとても重くなり過ぎないように気をつけました。 わらったり,ないたり、笑二倍、感動二倍、合計が四倍を楽しんで帰ったら良いです。(笑)"

兄記事69

http://m.focus.kr/view.php?key=2016112000100757822&share=

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

marcy says..."Re: 樹さんへ "
ハンドルネームでの初コメントありがとうございます。

震度4って結構な揺れですよね。驚かれたでしょう?
昨日の地震でもニュース映像で川を逆流する津波を見て
その怖さを再認識しました。
ホント地震って怖いです。
地震の揺れに慣れるってことってないですよね…

スンシン、あと10話ですか!
「ますます頭のなかがジョンソクさんでいっぱい」って素敵な状態です‼

ジュノとは長いお付き合いだけにw
10話でお別れは寂しいとは思いますが
まだちょっと色々あると思うので
よ~く見つめてあげてください!
2016.11.23 22:59 | URL | #- [edit]
樹 says...""
地震怖いですよね。こちらでも先月11年振りの震度4にびっくりしました。
大きな被害が出ないことを願ってます。
ハンドルネーム初めて使ってみました。
「建築学概論」、「キング ~Two Hearts」、「What's Up」と観て少し前からやっと「最高だ、イ・スンシン」を観始めました。
今日39話を観終わりこっちまでにやけてしまい、ますます頭のなかがジョンソクさんでいっぱいでもうもうどうしましょうって感じです(笑)
あと10話、続きが観たいけどシン・ジュノに逢えなくなるのも寂しい、といつもの葛藤に襲われてます。
2016.11.22 12:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3332-55c0f0aa
該当の記事は見つかりませんでした。