見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「兄貴」チョ・ジョンソク&EXO ディオ、名場面スチールを公開…“コミカル+感動的”

兄記事70

映画「兄貴」(監督:クォン・スギョン、制作:チョイスカットピクチャーズ、配給:CJエンターテインメント) が映画界に活力を与える11月の興行救世主として注目を浴びている中、チョ・ジョンソクとEXO ディオの名場面スチールが公開された。

今回公開されたスチールは、映画の笑いと感動の絶妙なポイントを盛り込んだ名シーンたちで、2人の俳優の熱演が作り出す特別なブロマンスケミ(相手との相性) を見ることができる。特に、観客と主演俳優が直接、最高のシーンとして選ぶほど、映画の多彩な姿を見せている。

まずコミカルなスチールは映画の鑑賞ポイントであり、2人の兄弟のセンスと魅力が盛り込まれた、クラブに入るシーンが収められている。弟ドゥヨン(ディオ) はスポーツに没頭していたため恋愛はもちろん、女性に会ったこともない恋愛初心者だ。兄ドゥシク(チョ・ジョンソク) はそんな弟に恋愛ノウハウを教えるのはもちろん、恋人を作ってあげるために生まれて初めて一緒にクラブへ行く。この1枚のスチールだけでも、今後繰り広げられる事件を想像させ、笑いを誘う。

またもう1枚では兄弟、姉妹なら誰でも一度は経験があるはずの、ごたごたの同居生活の様子を盛り込んでいる。特に喧嘩する過程でお互いに対して分かり、理解していく過程は共感を呼び、カタルシスを与える。

感動的なスチールは兄弟の15年間、絡み合った感情たちを解決していく過程を温かく描いている。特に、チョ・ジョンソクとディオの2人の俳優の熱演が際立つお風呂シーンは、今までの兄の不在を感じるだけではなく、隠された家族の事情を互いに打ち明ける大事なシーンだ。続いて兄弟の帰宅シーンは、映画中の名台詞「君はホン・ギルドンなのか? 兄を兄だと呼べない?」を誕生させた話題のシーンを確認することができる。

「兄貴」は韓国で本日(23日) 前夜公開される。

兄記事71

元記事配信日時 : 2016年11月23日08時16分 記者 : シン・ソウォン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057477&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3340-02e8ab75
該当の記事は見つかりませんでした。