見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

【2016 SBS決算⑤]砂利道上半期→花道下半期...激しい視聴率貧富の格差&ブラウン管・スクリーン全部占領、2016年は彼らの…コン・ユ、チョ・ジョンソク、チョ・ジヌン、マ・ドンソク

この時期
1年を振り返る的内容の記事が増えてきますが
SBSも韓国男優界でも
「チョ・ジョンソク」は記憶に残る1年だったという評価ですね

ファンにとってもジョンソクさん大活躍な今年
日本でも映画が公開されて
本当に楽しい1年でした‼



記事から抜粋です。
★【2016 SBS決算⑤]砂利道上半期→花道下半期...激しい視聴率貧富の格差

化身記事95

SBSは、上半期、激しい不振に悩まされたが、下半期の月火から水木そして週末劇まで、興行軌道に導き、克明な温度差を見せた。

2016年初め'六龍は飛ぶ'と'リメンバー-息子の戦争'が幕を下した中、ずっと泣き面だったSBSドラマは、下半期を基点として蘇った。 下半期'ドクターズ'で反撃を開始したSBSは現在月火ドラマと水木ドラマいずれも視聴率1位を独占し、最後の勝者で笑いを浮かべている。 果てしない不振に陥っていた週末劇も'美女コンシム'と'私たちのカプスンちゃん’でそれなりの成果を出した。


▲「チョ・ジョンソク呼んでコン・ヒョジンミン」嫉妬の化身」、水木ドラマ心肺蘇生

SBS水木は'リメンバー-息子の戦争'の終映以来、ずっと惨敗した。 20.3%という高い視聴率で幕を下ろすた'リメンバー-息子の戦争'後続に乗り出した'帰ってきてねおじさん'はKBS 2TV'太陽の後裔'という強力な相手に会って最終回が2.6%を記録する屈辱の中に幕を下ろすた。 オ・ヨンソとイハニの女対女ケミなどが関心を集めたが、そこまでだった。

チソンとヘリが野心的に乗り出した'タンタラ'も同じだ。 7~8%を行き来する視聴率の中に終わらせて二桁の視聴率は記録できないまま、幕を閉じなければならなかった。 'ウォンテッド'はキムアジュンが'パンチ'以後、奥座敷に帰ってきた作品として注目を集めた。 問題作になるだろうという期待があったが、1、2回以後、視聴率が下り坂を描いて4%台で終了してしまった

化身記事96

このような中、'嫉妬の化身'が彗星のように登場して、死に掛かっていたSBS水木ドラマに活路を開いた。 'リメンバー-息子の戦争'以降7ヵ月ぶりに二桁の視聴率を記録したもの。また、同時間帯の視聴率1位の座を奪還し、俳優、コン・ヒョジンとソスクヒャン作家のドラマ不敗神話に一線を画した。 チョ・ジョンソクも信じて見る俳優に自分の名前を載せた。 以前にも演技力では非の打ち所がないチョ・ジョンソクであったが、イファシンキャラクターを通じて、コミックから真剣なロマンス演技まで自然に行き来しながら演技人生の頂点を撮ったという評価だ。さらに面白いCGを加えて'嫉妬の化身'をより面白く演出したパクシヌPDも今年SBSが発見したもう一つの宝石だ。

元記事



記事から抜粋です
★ブラウン管・スクリーン全部占領、2016年は彼らの…コン・ユ、チョ・ジョンソク、チョ・ジヌン、マ・ドンソク

兄記事89

2016年は、俳優たちの全方位多作が特に目立つ一年だった。 映画とドラマはもちろん、ミュージカルなどの全分野にわたって活躍する俳優たちによってファンの楽しみは船になった。 ウェブトーン、海外ドラマなどを基盤にした多様な素材のドラマは俳優たちの興味を引っ張るに十分だった。 事前制作ドラマが増え、現場が改善されたのも、映画だけに見られた俳優たちをお茶の間劇場でも見ることができるようになった理由の一つだ。 2016年映画とドラマで全天候として活躍した俳優を、[ありとあらゆる★放送]で調べている。

兄記事90

■チョジョンソク、ミュージカル・ドラマ・映画全天候活動

2016年チョジョンソクは、映画やドラマはもちろん、彼の専門分野であるミュージカルまで参加し、思いっきり走った。 チョジョンソクは2016年を、ミュージカル'ヘッドウィグ'で開いた。 2006年'ヘッドウィグ'で主演を受け持ったチョジョンソクは2008年、2011年に続いて今年4番目に'ヘッドウィグ'に主演した。

1983年と2015年に生きている2人の男が愛する女を救うために死闘を繰り広げている内容を盛り込んだ'時間の離脱者'でチョジョンソクは1983年の男子ジファンを演技した。 4月に公開した'時間の離脱者'は'キャプテン・アメリカ:シビルウォー'の空襲に押され、120だけの観客動員数を記録した。 やや惜しい成績を残したチョジョンソクは8月に初放送されたドラマ'嫉妬の化身'で乳房癌にかかったマッチョアンカー イ・ファシン役を演じ、雰囲気の反転に成功した。 彼はコン・ヒョジンと一緒に実際の恋人を彷彿させるロマンチックコメディー演技で大きな人気を集めた。

ドラマの熱気が冷めるのも前にチョジョンソクは直ちにEXOのメンバーであるドギョンスと一緒にした映画'兄貴'で人気を続けた。 '兄貴'でチョジョンソクは弟を口実に仮釈放された詐欺師コ・ドゥシクを演じながら、笑いと感動を全部勝ち取った。 '兄貴'は、公開2週目に200万観客数を超えており、興行に成功した

http://www.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=437496

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3390-4e78d6ca
該当の記事は見つかりませんでした。