見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ツンデレキャラクター'チョ・ジョンソク魅力、日本まで広がりました

もっと前に記事になっててもよかったですよね~w
記事の中でちょっと引っかかるところもありますが…


日本人気記事1

'嫉妬の化身''ああ、私の幽霊さま'現地放送
公開映画の'兄貴'まで日本のファンの関心の急増

演技者チョ・ジョンソクが日本でも人気を維持する兆しを見せている。

チョ・ジョンソクは現在'嫉妬の化身'と'ああ、私の幽霊さま'で日本の視聴者と会っている。 二つのドラマ全て彼の代表作として掲げて現地の反響に対する期待が高い。

嫉妬の化身'は日本の韓流チャンネルKNTVで盛んに放送中だ。 放送社側は27日終演に合わせ、来年1月26日再編成をあらかじめ告示するほど視聴者の反応に答えている。 CSチャンネルの'衛星劇場'では'ああ、私の幽霊さま'を10月放送して視聴者の要請で3日から再び放映している。 'ツンデレ'キャラクターとして、チョ・ジョンソクの魅力に現地女性視聴者が歓呼している。 これまで、韓流スターとして選ばれなかったが、チョ・ジョンソクは'嫉妬の化身'を通じて、早い速度でファンを流入しているわけだ。

特にチョジョンソクは日本で'、晩年に'人気を築くのに周囲の同僚たちの'名前'効果も享受している。 最近封切りした映画'兄'にEXOドギョンス(D.O)と一緒に出演して若いファンにも顔を知らせる契機になった。 EXOは日本で厚いファン層を確保しているため、豊富なコックピットにも視線が集まっている。 また、ガールフレンドの歌手くもが'太陽の後裔''雲が描いた月明り''星から来たあなた'など日本にもよく知られた韓流ドラマのOSTを招いたという点もチョ・ジョンソクに対する好奇心につながる。

チョ・ジョンソク側の関係者は"日本の視聴者も好きなロマンチックコメディージャンルのドラマを通じてチョ・ジョンソクに関心を持つようだ"、"確実に現地に導入できるドラマが増えるように、活動する"と話した。

ぺク・ソルミ記者
http://m.entertain.naver.com/read?oid=382&aid=0000526587

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3392-d413bd36
該当の記事は見つかりませんでした。