見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

2016のドラマ③ ソン・ジュンギ・パクボゴム・チョジョンソク・コンユ、今年の男たち

今年のまとめ1

ソン・ジュンギ、パクボゴム、チョジョンソク、コンユ 今年のドラマを生かした最も熱い男たちだ。
(中略)

'太陽の末裔'が終映以来、人気のバトンはパクボゴムが受け継いだ。 パクボゴムは、平均視聴率18.28%、最高視聴率23.3%を記録したKBS2'雲が描いた月明り'(演出、キム・ソンユン・ペク・サンフン、シナリオキムミンジョン・イム・イェジン)で聡明で美しい朝鮮の皇太子イ・ヨン役を魅力的に消化し、主流行き特急列車に乗った。 パクボゴムは前作だったtvN'応答せよ1998'て延期していたささやかな天才チェテクと全く異なる'ツンデレ'キャラクターを魅力的に消化した。

今年の顏2

パクボゴムのトレードマークである彼の優しい性格もパクボゴム・シンドロームに一助した。 パクボゴムと一緒に呼吸を合わせた俳優たちとスタッフ、記者らが次々と出したパクボゴムに対する美談はパクボゴムの毎ラックを一層高めた。


チョジョンソクのSBS'嫉妬の化身'(演出パクシヌ、脚本ソスクヒャン)を通じてもう一度'ロコキン'の真の姿を見せた。 チョジョンソクは、劇中で乳がんにかかったマッチョ記者という今まで韓国ドラマ史上存在しなかった空前絶後の設定のキャラクターを特有の自然な表情と鬼神のようなセリフ消化力でちゃんと描いて出した。 へそを握るようにするコミック演技からディテールが生きている感情演技まで完璧に消化し、'俳優チョ・ジョンソク'の真価をまともに見せてくれた

今年の顏3


最近ではSBS'青い海の伝説'(演出ジンヒョク、脚本・グレース朴)にカメオ出演して主演俳優以上の存在感を見せたりもした。 短いカメオ出演だけでも'男人魚のチョジョンソクのスピンオフ'を望むファンたちの要求が溢れていることだけを見ても、チョジョンソクのキャラクター消化能力を一気に知ることができる。

http://m.entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0003026678

スピンオフ!いいですね~見てみたい!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3393-53f03821
該当の記事は見つかりませんでした。