見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

一年間、youtubeで最も多くのクリック件数を記録したドラマは?&パクボゴム、今年を輝かせたタレント1位、キム・ユジョン10代初のトップ10

★一年間、youtubeで最も多くのクリック件数を記録したドラマは?

今年の顔7

最近、ドラマをアナログ的な方式よりは、'再び見ること'と'ウムチャル(動く入れ画像写真)'を通じてドラマを視聴する人が多くなっている中、2016年、最も多く愛されたドラマをユーチューブを通じて調べた。

今年一年大韓民国を熱気に包まれたドラマの中の名場面の共通点は何か?すぐ主人公の反戦魅力が目立つ場面ということ。この二人を外して2016年、ドラマを論じることができるだろうか たいほど大きな愛を受けた'太陽の後裔'と'応答せよ1988'でも主人公たちの反転魅力は輝いた。


そのうち'太陽の後裔'16話ソン・ジュンギのガールズグループ熱狂シーン'は韓流スターソン・ジュンギとソン・ヘギョ、K-POPの新興強者・レッドベルベットの組み合わせで2016年ユーチューブのドラマ名場面部門1位を占めた。 これまで無愛想たソン・ジュンギの反戦魅力と嫉妬のように嫉妬なくソン・ヘギョの姿が加わり、コミカルさと甘やかさをプレゼントした。

また、'応答せよ1988'4話テクのことと友達の悪口パーティー'映像では初めて囲碁大会で敗北したテクのことをために、近所の友人たちが集まり悲しみの慰めよりしっとりした悪口を口にして愉快な場面を作った。正しい生活男に定評のあるパクボゴムもこの場面に限ってはぎこちない悪口をすっかり吐き出し、滑稽な反戦魅力を見せたりもした。

今年の顔11

① KBS「太陽の末裔」 16話ソン・ジュンギ、レッド・ベルベットファンシーンいっぱい熱狂
② tvN「応答せよ1988」 4話テクの真の友達
③ KBS「むやみに切なく」 13話キム・ウビン、スジに「私と寝たいですか?」
④ tvN「チーズインザトラップ」14話ホンソル、ユジョンのベンチキスシーン
⑤ SBS「嫉妬の化身」14話コン・ヒョジン、チョ・ジョンソク 更衣室キスシーン
⑥ KBS「雲が描いた月明り」16話パクボゴム、キムユジョンピンク 花キスシーン
⑦ tvN「シグナル」 11話チョ・ジヌン、キム・ヘスにツンデレ魅力発散
⑧ tvN「またオ・ヘヨン」 7話オ・ヘヨンの悲しい告白
⑨ SBS「ドクターズ」 11話悲しみに満ちた病院
⑩ OCN「38師機動隊」 1話マ・ドンソク、ソ・イングク初めての出会い


時代が過ぎても変わらない公式はそれはドラマの名場面はキスシーンで終わるということ!2016年、やはりユーチューブのドラマ名場面のクリック件数BEST 10にキスシーンがおよそ4つも登場して'名場面=キスシーン'という古典公式を続けた。

そのうち'嫉妬の化身'14話更衣室キスシーン'は後半部までお互いの心を押して引きながら残忍に綱渡りをしたコン・ヒョジンとチョジョンソクがお互いの気持ちを確認するキスシーンを披露して今年のユーチューブのドラマ名場面のクリック件数5位を占めた。

これ以上揺さぶらないように約束するコン・ヒョジンと彼の言葉に空しさを感じたチョジョンソクの心が皮肉に錯綜し、その緊張感が加わり、ドラマ放送終了後にもSNSを通じて映像が限りなく共有したりした。

また、'クルミ描いた月の光'16話ピンク色のキスシーン'は身分の差から行われなかったその間の悲しいストーリーを一気にハッピーエンドで作ってくれた名場面とされている。 ピンク色の花たちがうねる背景とロマンチックなセリフ、そしてキム・ユジョンとパクボゴムの澄んだ顔が調和してドラマ終了後にも多くの人々がパクボゴムとキム・ユジョン魅力でしばらく抜け出すことができなかった。

トゥエルブ・ラウンドのキムウンユ監督は"ぎりぎり、駆け引きの主人公たちの愛情前線の終止符を打つキスシーンは視聴者たちに妙なヒヨルガムと安堵感を抱かせてくれて いつも視聴率1等功臣とされている。"と伝えた。

http://www.gukjenews.com/news/articleView.html?idxno=611785


★パクボゴム、今年を輝かせたタレント1位、キム・ユジョン10代初のトップ10

今年の顔3

俳優パク・ボゴムが今年を輝かせたタレント1位に上がった。 14日、韓国ギャラップによると、韓国ギャラップが過ぎた11月4日から25日まで3週間、全国(済州を除く)の万13歳以上の男女1700人を対象に今年一年間、最も優れた活躍を見せたタレントを2人まで水は結果(自由回答)、KBS 2TV'雲が描いた月明り'の男女主人公パクボゴム(35.2%)とキム・ユジョン(8.2%)がそれぞれ1位と4位を占めた。

2011年、映画'ブラインド'を通じてデビューしたパクボゴムは昨年11月から今年1月まで放送された'応答せよ1988'(tvN)の天才囲碁棋士'テク'役割に大きく愛されており、下半期には'雲が描いた月明り'で魅力的な皇太子イ・ヨン'に、期待以上の人気を集め、別名'パクボゴム・シンドローム'を起こした。

2003年CFでデビューし、テレビと映画を往来し、子役俳優として活動してきた金裕貞(キム・ユジョン)は今年'クルミ描いた月の光'で男装の内侍'ホンラオン'で初主演、初の大人役に挑戦し、これまで固めてきた演技力を誇示した。 1999年生まれ(まる17歳)で、'今年のタレント'順位圏に名前を載せるた最初の10代俳優。

2位と3位は、上半期最高の話題作'太陽の末裔'(KBS 2TV)'ユシジン役ソン・ジュンギ(28.1%)と'カンモヨン'役ソン・ヘギョ、12.6%)だ。 '太陽の末裔'は代表的な韓流スター2人の出演作に放送前から期待を集めたが、極限状況に置かれた若い軍人と医者たちの話は毎週の話題を生んだ。

ソン・ジュンギは'、世界のどこにもいないやさしい男'(KBS 2TV)に出演した2012年'今年のタレント'1位に上がったことがあって、早目に中国などへ進出して海外活動が多かったソン・ヘギョは今回初めて10位内に入った。

今年の顔4
※ 5位 チョ・ジョンソク 「嫉妬の化身」

一方、SBSドラマ'嫉妬の化身'で'ロコキン'と'ロコクィン'の出会いと呼ばれ、好評を受けたチョジョンソク(4.6%、'イファシン'役)とコン・ヒョジン(3.2%、'ピョナリ'役)もそれぞれ5位と7位を占め、今年上位グループにはドラマの中のカップル三組が一緒に名前を上げた。

6位ラミラン(3.4%)は演劇・ミュージカル俳優として活動し、2005年、映画'親切なクムジャさん'にデビューしたが、長い無名期を送った。 しかし、'応答せよ1988'のシーンスティラー'双門洞チーター夫人'で存在感を広く知らせ、以降は芸能プログラムでも脚光を浴び、旺盛に活動している。 下半期には'月桂樹洋服店紳士'(KBS 2TV)'ボクソンニョ'に出演中だ。(以降略)

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2016121414304528016&type=1&outlink=1

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3397-aaae9426
該当の記事は見つかりませんでした。