見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

女心狙撃パンパン~(銃を撃つ音)"ソン・ジュンギからコンユまで、2016受理した男俳優

私たちもを撃ち抜かれた一人ですねw


今年の顔102

2016年丙申年を受理した男子俳優たちがいる。 今年のドアを開いた'太陽の末裔'ソン・ジュンギから一年を美しく終えよう一'鬼'コンユまで、彼らは女性視聴者達の心を狙撃して茶の間の人気を揺るがした。


今年の顔103

▲'太陽の後裔'ソン・ジュンギ

ソン・ジュンギは平均視聴率28.6%、最高視聴率38.8%(ニルソンコリア、全国基準)を記録した2016年最高のヒット作であるKBS2ドラマ'太陽の後裔'を通じて、トップスターに躍り出た。 ソン・ジュンギは軍除隊後復帰作だった'太陽の後裔'でユシジン大尉役を演じ、柔らかいながらも強靭な軍人の姿をうまく描き出した。 彼が吐き出すすべての台詞はすぐに流行語になり、数え切れないほど多くのパロディーをした。 こんな魅力的なキャラクターにソン・ジュンギは国内の視聴者たちの心を奪ったのに続き、海外でもシンドローム級の人気を得て、韓流スターに浮上、国内外のファンたちの'ユシジンの病'がにぎわった。 放送後、広告、映画など渉外1位を記録したソン・ジュンギは、今回'KBS演技大賞'でも有力な大賞の受賞者に選ばれている。

今年の顔104

▲'雲が描いた月明り'パクボゴム

パクボゴムは今年初めtvNのドラマ'応答せよ1988'に続いてこのほど幕を下したKBS2ドラマ'雲が描いた月明り'の主演の座を固めている。 '応答せよ1988'でチェテク役で女心をわしづかみにしたパクボゴムは、次期作であり、初の時代劇という負担感を抱いて'雲が描いた月明り'を選択、好演を展開し、ワントップ俳優としての可能性を開いた。 '雲が描いた月明り'でパクボゴムは賢くてハンサムな朝鮮の世子のイ・ヨン役を魅力的に消化し、大勢の大勢となった。 特に深い感情の演技が自然に消化し、演技力が増えたという評価を受けた。 パクボゴムは実現できない愛に悲しむ哀切な目つきと子供のように明るい笑顔で女心狩人として浮上した。 パクボゴムの活躍のおかげで、ドラマは平均視聴率18.25%を記録、最後の放送まで同時間帯1位のドラマとして残った。

今年の顔105

▲'嫉妬の化身'チョ・ジョンソク

チョ・ジョンソクはSBSドラマ'嫉妬の化身'を通じてこれまでなかった変わったロコキンの姿を見せた。 コックピットは、劇中で乳がんと不妊を患っている'マッチョ記者'イファシンの役を演じて、今まで存在しなかった、空前絶後のキャラクターを消化した。 チョ・ジョンソクは特有のディテールな演技ととぼけた表情、話し方で役割に完璧に溶け込んだ。 深刻な状況なのに変に面白い、理解不可能の設定で感情、コミック演技を行き来する演技力はチョ・ジョンソクの真価を再び感じることができるようにした。 特にチョ・ジョンソクが演技したイファシンはニュースを進行する時はプロの姿を、ピョナリ(コン・ヒョジン)とロマンスを描くときには一生懸命恋愛を表現する人になった。 '嫉妬の化身'が人気裏に終映された後、チョ・ジョンソクは映画'兄'興行にも成功し、SBSドラマ'青い海の伝説'にもカメオ出演して存在感を馳せた。


今年の顔106

▲'鬼'コンユ

コンユは今年、映画'釜山行き'、'密偵'に続いてtvNのドラマ'鬼'で5年ぶりにお茶の間劇場支配も乗り出した。 '鬼'で、劇中の935歳お化けを演技するコンユはカリスマと切なさを行き来する視線で2016年最後まで心を振っている。 コンユは女性主人公のキム・ゴウンとカップルケミはもちろん、イ・ドンウクと暖かいブロメンスまで消化している。 ファンタジーのジャンルの中で多彩な感情を演じているコンユの魅力に、視聴者らは抜けたし、放送だけされれば彼が登場した場面がオンラインで広まり、熱い人気を実感させた。 また、コンユの演技の能力が爆発し、'鬼'は毎回視聴率を更新し、興行の勢いを持続している。 コンユは今年一年間活躍に支えられ、最近行われた'広告モデルブランド評判'調査で1位を獲得するなど、第2の全盛期を迎えた。

http://www.sportsseoul.com/news/read/469197

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3443-92ba0a32
該当の記事は見つかりませんでした。