見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

コン・ユ、ナムグン・ミン、パク・ボゴム、チョ・ジョンソク、ハン・ソッキュ、'百想(ペクサン)'で対決する

化身百想1

第53回百想芸術大賞が5月、きらびやかな幕を開ける。

TVと映画部門横断的な国内唯一の授賞式百想芸術大賞が5月3日午後5時、ソウル江南区のコエックスDホールで開催される。 今年、百想芸術大賞はTVとの映画共に審査委員を従来の5人の中で2人を増やした7人で構成した。 より多くの意見と声を聞いて公正に審査をするためだ。 先月30日と31日の両日間のTVと映画候補を選定する審査が行われており、各部門別候補が決定された。 TVや映画作品賞にはPD・監督・製作会社代表など業界の従事者54人で構成された'予備候補アンケート団'が選んだ作品賞トップ10のうち、7人審査委員が公正な審査で選抜した候補作だ。

TV部門は作品性と大衆性すべてを捕った完成度の高い候補作が並んでいる。 ドラマ作品賞はMBC'W'KBS 2TV'雲が描いた月明り'SBS'浪漫ドクターキムキム・サブ'tvN'鬼'tvN'ディアマイフレンズ'が最終候補に上がった。(中略)

最優秀演技賞部門はだれが受けても異見がないほど優れている。 特に、男子部門はなおさらだ。

シンドローム級の人気を集めたコン・ユ(tvN'鬼')とナムグン・ミン(KBS 2TV'キム課長')は昨年に続き、2年連続ノミネートされた。 「イ・ヨン病」の主人公パクボゴム(KBS 2TV'雲が描いた月明り')ワンマンショーに近い演技を見せてくれたチョ・ジョンソク(SBS'嫉妬の化身')昨年の演技大賞の主人公ハン・ソッキュ(SBS'浪漫ドクターキム・サブ')が競合する。

優秀演技賞女子部門はキム・ゴウン(tvN'鬼')、キム・ハヌル(KBS 2TV'空港に行く道')・パク・ボヨン(JTBC'ヒムセた女ドボンスン')・パク・シネ(SBS'ドクターズ')・ソ・ヒョンジン(tvN'また、オヘヨン')が上がり、今年の'百想(ペクサン)クイーン'席を欲しがっている。(以降略)
http://tenasia.hankyung.com/archives/1180521

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3624-1f8306ab
該当の記事は見つかりませんでした。