FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

1-2話⑥チョ・ジョンソク、イ・へリ、はじめから唐突な同衾

トゥカプス'で犬猿の仲の出会いから偶然の同衾までチョ・ジョンソクとイヘリのあきれた縁が描かれており、特にチョ・ジョンソクは詐欺師キムソンホと霊魂が逆転した。

27日に放送されたMBC月火ドラマ'トゥカプス(演出オヒョンジョン、脚本ビョンサンスン)'で初回が描かれた。
同日、チャドンタク(チョ・ジョンソク)は、強烈なカリスマを吐きながら強力系刑事として初登場した。 組織暴力団(イシオン)と勢力争いを繰り広げ、"大韓民国刑事は基本20段だ、メニューはおまえが選べ"というせりふですぐに制圧した。

ドンタクは犯人に殺害されたチョハンジュン刑事(キムミンジョン分)の事故、当時を思い浮かべながら、"あいつ刀にパートナーが死んだ。 君が知っているものが意地悪てまでこの部屋で出られない"、威嚇した

ツーコップ1話-12

しかし、上部では彼を阻止した。 造形士が不正刑事として知られたためだ。不正でつながった死だとして、内部で静かに覆おうとすると、ドンタクは"だから、私のパートナー殺したやつは誰だ"と叫びながら、これを聞いておらず、
謹慎処分が下されたにも気にせず、継続して犯人逮捕に乗り出した。

この時、ジアン(イヘリ)はドンタクに取材要請するために電話をかけた。 殺害されたこの不正刑事だったという質問を投げかけたのだ。ドンタクは"誰が不正刑事というのか"とかっとしながら"あなたの前で私の目に付かない方がいいんだ"、警告、ジアンも"刑事でなく、チンピラだった。 やくざだ"で応戦した。 ジアンは"確かにスクープのにおいがするが"と、取材を放棄しなかった。

結局、ジアンは掃除婦に変装して潜入取材までして暴露しようとしたが、通りかかったドンタクに発覚されてしまった。 ドンタクは"ソンジアン記者合うか"、一気に正体に気付いていながら互いを警戒し始めた。 しかし、ジアンはバイク事故にあうところだった自分を引っ張って、救ってくれたドンタク瞬間ドキドキする気持ちを感じて、恥じるように"妨害しないから、人たちと約束守れ"は言葉でドンタクと交渉しながら、その場を去った。

しかし、二人とは犬猿の仲だった縁は続いた。 警察署の記者室でしばらく就寝していたドンタクの部屋に、ジアンも入ってきたから。先に寝ていたドンタクの部屋がジアンが入ったことにも、ジアンは"私の足の触ったのではないか"チャドンタクを警戒し、ドンタクは"ちょうど男宿直室が工事をしていた"、これを釈明して、途方に暮れた

初回から犬猿の仲の出会いから偶然の同衾まで不埒ながらも、ときめきポテンまで重なった二人の出会いが悪縁になるか縁になるか今後続いた歯ごたえが展開に対する緊張感を抱かせた。
だけでなく、放送の最後、ドンタクは詐欺師であるコンスチャン(キムソンホ)と魂が変わる様子が描かれて、次回に対する疑惑を増幅させた

http://osen.mt.co.kr/article/G1110784698





★トゥカプス'キムソンホ、魂、チョ・ジョンソク体で...刑事になった詐欺師

ツーコップ1話-13

ドンタクと強力系刑事たちがチョ刑事(キムミンジョン)殺人事件に対する捜査を進めている中、スチャンが有力容疑者として浮上した。しかし、スチャンもチョ刑事に恩を受けた人物として出所した彼は、チョ刑事がこの世を去ったことに衝撃を受け、涙を流した。


ドンタクにチョ刑事は家族のような存在に今回の事件はドンタクにもトラウマとして残った。 泥酔して、チョ刑事の幻想を見て、靴の紐を縛ってくれることになった。彼を抱きしめ、ドンタクは"行かないで私のそばにいて"と哀願したりもした。

スチャンの進退についての報告が入ってくると、ドンタクは直ちに出動した。 長い追撃戦の末に寿昌は殺人の疑いで逮捕された。

これにスチャンは"何ですか。 刑事殺人罪だって?"と悔しがったが、ドンタクは信じなかった。 ドンタクは"出所すれば訪れ、復讐すると述べたとし、。 その現場で見かけたという目撃者がいて"と述べ、これにスチャンは"私じゃない。 僕は本当にないと"と繰り返して叫んだ。


ところで相互に移動中の二人の後にオートバイの群れがついた。 この過程でのスチャンの無実が明らかにされたが、魂が変わり、ドンタクになって目覚めるスチャンの姿が'トゥカプス'の本格展開を教えた。

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=1023583







関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/4158-f3284664
該当の記事は見つかりませんでした。