FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

トゥーカップス'チョ・ジョンソク"へリ向けた酷評正直に納得できない、良い俳優"(インタビュー①)

降り出した雨が
昼前には小さなあられのようになり
すぐ雪に

ベランダの手すりとか
軽~く10cm超えてる感じですけど?

こんな日は
1stファンミを思い出しますね←家にたどり着く前に遭難するかと思った←


インタビュー記事が続々出てます!
★トゥーカップス'チョ・ジョンソク"へリ向けた酷評正直に納得できない、良い俳優"(インタビュー①)

俳優チョ・ジョンソクが"ヘリ演技に対する酷評が納得されなかった"と話した。

チョ・ジョンソクは1月22日午前、ソウル江南区にあるカフェで行われたインタビューで、この16日32回を最後に幕を閉じたMBC月火ドラマ'トゥカプス'(脚本ビョンサンスン/演出、オ・ヒョンジョン)最終回の感想を明らかにした。

チョ・ジョンソクは、劇中の強力系刑事チャドンタク役を演じ、好演を繰り広げた。
ツーカップインタビュー1
ツーカップインタビュー2
ツーカップインタビュー3
ツーカップインタビュー4

チョ・ジョンソクは撮影後、近況について"'トゥカプス'終わってすぐに演劇'アマデウス'練習に突入した。 終わる前に演劇全体練習を開始した。 私がほんの少し遅れて合流をした。 それで練習をしている"と切り出した。

トゥカプス'は序盤、相対的に低調な視聴率を記録する後半の劇的な視聴率の上昇を成し遂げた。 昨年12月5~6%台の視聴率を走る日が変わり、7%台に躍り出て、最後の32回が9.7%を記録し、自らの最高視聴率を更新した。 これに対してチョ・ジョンソクは視聴率について"視聴率について申し上げても幸いだ。 なぜなら多くの方々が初放送以来、思ったより良い成績を出せず、多くの方々が動揺したと聞いている。 うちのチームもそうだし。 ところであまりにもチームワークがよい見から、私に大きな問題にならなかった。 最後まで一生懸命にすると、良い成績が出るものだと思っていた"と話した。

チョ・ジョンソクワンマンショーだった'という視聴者の好評が出るほどの1人2役の演技についてチョ・ジョンソクは"この程度だと思えなかったけど、私も驚くほど分量が多かった。 体力的に私が管理をちゃんとしなければと思った。 どんな作品であれ体力的負担があったが、そのどんな作品より体力的な部分を気を使わなければならないと考えに近づいた"と明らかにした。

蓋然性※が不足したという酷評に対する本音も打ち明けた。 彼は"私もそのような部分は、残念な部分があった。 初めてシナリオを受け取ってシーケンス※は気に入った。 作家先生が本当によく書いてくださって。 ところでどうしても登場人物も、解決すべき内容も多いから蓋然性、ディテールな部分が残念だったという評価を受けたようだ。 そこについて私が認定をしないわけではない。 私も時々そう感じる時があった。 核心的な理由は、ディテールな部分ではないかそんな気がする。 そんなこと以外には私たち'トゥカプス'チームはすべての俳優たちは一様に話した。 チームワークが大好きだったし、どうすれば良い作品を作ってみようかなと最後まで頭を悩ませて一緒に研究した。 それで良い結果を得ることがないかと思う"と話した。

蓋然性=ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実性の度合い。確からしさ。

シーケンス=映画やテレビで、一続きのシーンによって構成される、ストーリー展開 上の一つのまとまり。

相手役ヘリを向けた演技力酷評について彼は"私は率直にヘリを向けた酷評が納得が行かない"、"なぜならヘリの演技がすっごくいいと思う。 その演技的な部分がどの部分において私たちの作品と若干合わなかった可能性もあるけど、私はその演技がとても良い演技だと思う。 多分もっと発展し、より良い俳優になりそうだという考えを続けた。 一緒に演じながら。 事実演技する立場で誰かとセリフを合わせてする時の感じは、当事者がよく知っている。 私はとてもいい感じを受けた。 それで私はヘリの演技に対する部分においてはとても良い演技をする良い俳優だとあえて申し上げたい"と明らかにした。

ヘリは去る18日のファンカフェーを通じて演技力議論について"一生懸命に振り返り、反省もして、もう一歩前進していくように、着実に準備してよい姿見せて届けできるように努力する"と所感を明らかにして話題を集めた。 これに対してチョ・ジョンソクは"ヘリがそのような文章を書いてそんな考えを持っているということ自体がとても格好よい。 事実そう思うのは容易でない。 それを考えて未来について約束する感じも感じられた。 とにかく同僚として格好いいという気がした。 後輩としてはとても感心という気がした"と話した。

14歳年の差に対する考えも明らかにした。 チョ・ジョンソクは"ハ"と笑った後"年の差がとてもたくさん私はことではないという言葉をしてくれましたが、以前にアイユさんと演技したこともあるし私にあまり大きな問題にならなかった"と話した。 さらに、"世代の違いは撮影をしないときにちょっとだけ感じた。 お互いに冗談まじりに私的な話をする時ちょっとは感じた。 例えば、どんな音楽、歌手を知らないとした時にそのようなものを感じた。 また、tvN'応答せよ'話もたくさんした。 とても好きなドラマでありファンだったと話した。 '嬉しいなあ'流行語も全く知らなかったし、研究の結果だと言っていた。 そんなときのジェネレーション・ギャップを感じた。 精神的年齢面では似ていた"と付け加えた。
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201801221025310410

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/4462-90b88e22
該当の記事は見つかりませんでした。