FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

Allure korea 記事より

このところ、トゥーカップスとアマデウスの公演に関する
似たようなインタビューが多かったので
このインタビューはなかなか読み応えがあって新鮮に感じます


All New Faces

恋する舞台に戻ったチョ・ジョンソクは最近モーツァルトの考えだけでした。 今回はまた、自分の中のどんな顔をさっと取り出して安らかにきたすのではないかと。 演技がすぐ息をする行為であるような、チョ・ジョンソクという人が気になった。

アマデウス雑誌1


私たちが記憶するモーツァルトの姿とは、おそらく十中八九映画<アマデウス>の中、浅はかなハイトーンの笑いをまき散らす'アンファンテリブル'※の姿かぞ。 それほど強烈なキャラクターはおそらく映画会社でも有名ではないだろうか。 この深い印象を残した作品の根は劇作家ピーター・シェファーの戯曲にある。 神に選択された才能を持った作曲家モーツァルトと彼の才能を認めながらも、自分の平凡さを苦痛に満ちた顔で嫉妬に駆られる宮廷音楽家サリエリの話。そのオリジナルストーリーが2月27日から国内で公演される。 そして俳優チョ・ジョンソクが狂気じみた天才、モーツァルトになる。

※アンファン テリブル
〔恐るべき子供たちの意。コクトーの同名の小説から出た語〕
早熟・非凡で大人の意表外に出る行動をとり,脅威を感じさせる子供。

いつも与えられたキャラクターを立体的にあさる彼にモーツァルトは巨大で果てしない探求テーマであるはず。写真撮影をしながらも彼はモーツアルトのように動いた。 チョ・ジョンソクがモーツァルトが知りたいように私たちはチョ・ジョンソクが気になる。 'AまたはB'、彼に選択肢を投げた。 彼を少しでも判断してみようと

アマデウス雑誌2


#チョ・ジョンソクのモーツァルト


モーツァルトとサリエリ、俳優チョ・ジョンソクはどんな人に近いですか?

モーツァルトは非凡で天才的な作曲家です。 私にもモーツァルトのような非凡さがあるから、俳優という職業を持っていないかとは思うけど、'天才的な'のような修飾語をつけることができる程度ではないでしょう。 いつも演技に才能のある人はあっても'天才は'ないと考えて来たんです。 一生懸命に努力する人ってサリエリに近いです。



配役がもつ魅力を最優先とするなら、モーツァルトとサリエリのどちらを選びましょうか?

公演をしてみると確かに他人の餠がより大きく見える場合があります。 サリエリの人生がどれほど悲痛たかどうかを知ってみたら、その感情にもっとはまってたい瞬間もたくさんできました。 特に、サリエリは司会者のように話を導いていく作品であり、公演の完成度の面で彼の役割が非常に重要です。 様々な面でとても欲しい人物です。 しかし、私はモーツァルトだから、モーツァルトを選択します。(笑)変わり者な性格、天才的気質をキャラクターに昇華させなければならないために俳優として誰でも目をつけそうな役割であるのは確かです。 モーツァルトの人生をできるだけ完璧に代弁できるように、密度の高いに接近しようとしています。 もちろん、負担感も大きいが、です。



最も胸を打ったモーツァルトの台詞は何ですか?

"すべての人たちはそれぞれ違う考えをします。 作曲家たちはその他の考えを一度に表わすことができます。 私たちの四重唱は五重唱になって、5重唱は6重唱、7重唱になってそんなに広く、広く音が倍加されて、一緒に急上昇し、新たな音を創造するんです。 その数百万個の音たちが一つになって高く鳴り響いて、我々が想像すらできない終わらない音楽となって、その音をあの神に届けること。それが私たちのやることです。 作曲家たちがすべきことです。 まさにそれが音楽です。"モーツァルトが観衆の前でする音楽に対する演説です。 モーツァルトはその当時にとてもファッショナブルて独特ました。 時代をリードしたんですね。 彼のこの演説も当時、神中心の世界観を持っていた大衆に、あまりにも未知で面白いようにやってきたんです。 モーツァルトの音楽もそうだったが、彼の考え方や心もはるかに時代をリードしていたということを見せるセリフのようで印象的です。



チョ・ジョンソクだけのモーツァルト、どのように準備しているんですか?

チョ・ジョンソクの体を借りてモーツァルトの非凡かつ悲劇的な人生をできるだけ完璧に具現していくのが目標です。 最近では'モーツァルトが私の体に一度入ったらいいな。'と気がするほどですよ。 極と極を突き進むセリフと行動のために練習し、'一体この人は何を考えている?'という考えもたびたびあるんですよ。 本当に難しいです。 一般的な人物でもなく、一般的に表現してもいませんでした。 完全に自分のものする必要があり、本当にチョ・ジョンソクらしく、珍しくて特別な場面を演出することができるから、最近はそればっかりしかありません。


アマデウス雑誌3


#チョ・ジョンソクの時間

今年30代の最後を迎えましたね。 20代と30代、いつがもっと満足な時間だったんですか?

いつも一生懸命やったし、満足できたが、多事多難だった20代をよく乗り越えて30代を得たため、20代がもっと大事に感じられます。 その時、人生の屈曲がかなり激しかったんですよ。 なんか30代がさらに良かったとすれば20代の大切さがちょっと退色される感じがして、20代を選びたいです。 ところで振り返ってみると20代の時はまた、10代がもっと好きだった思いました。 ただ悩みもなく学校行って友達と似合うと幸せしたその時です。




それでは来る40代は恐ろしい方ですか、期待する方ですか?

わざわざ考えずにいましたが、率直に怖い方に近いようです。 20代の時にインタビューでたびたび'早く年を取ってみたい'いう言葉をしました。 しわが一つずつ増えて、俳優として年を取った私の姿が期待されて知りたいたんですよ。 しかし、もしかしたらその時私が想像した年は30代ほどだったようです。 いざ40代を迎えにいるため、ただ嬉しいとか、楽しいとかはないですね。(笑)



映画<建築学概論>が2012年作品だが、観客の立場では、なぜか少し古い感じです。 その後時間の速度はどうでしたか?

この5~6年間は本当にたくさんのことをして、かなり長い時間だったが、むしろ私には'スンサク'※したように感じられます。 自らも驚くほどね。 一見すると'ナプトゥギ'以降に第2の人生であるはずなのに、適応力が速い方だとうまく適応したようです。 つらかったり、長かった感じられないんですよ。 私は適応力も精神力の問題と思いますけど、私が'ガラスメンタル'ではないです。 例えると、テーブルいっぱいによく並べられた食べ物を一つずつゆっくり味わいながら食べたのではなく、はばかることなくさっと掃いて食べて'ああ,よく食べた'という感じです。 30代の場面は、みんな矢のように速く過ぎ去ったのに比べて20代は一年一年、全ての場面がすべて鮮明に覚えています。(笑)多く大切でそうみたいです。 最近はワンテンポ遅らせて呼吸を整理しようとします。 年齢もそうだし、時期もそうだが、これがそうしなければならない時のようなので。

※순삭(スンサク・瞬削)
「瞬く間に削除されたようだ」という意味


先輩の私の後輩である私、どちらがより良いですか?

後輩であるのが良い。家でで末っ子なので後輩である時、はるかに楽です。後輩たちの前では、なんだか気を配らなければならないという義務感が生じ、ロールモデルという言葉のために負担になる時もあります。だから先輩たちと一緒にした映画<薬物王>現場がより良かった。ソン・ガンホ、イ・ソンミン先輩のおかげでとても楽しく撮影しましたよ。夏に公開する予定だが、再び会うことを考えると楽しみですね。



結婚して家庭を築いて、親となる人生の普遍的な段階を経験したほうがよいと思いますか?

そうですよ。 20代前半は本当に、早く結婚したかったです。 これはもしかしたら私の家庭史と関連付けられる話でもありますね。 父はずい分前に亡くなったが、両親が私が幼い頃に分かれたんです。 その姿を見て、反対に'私は絶対しないぞ'と決心をするようになりましたし、結婚や家庭を成すのが私には'必ずしなければならないこと'になりました。 初恋をする時もその人と結婚しそうだった、その次の恋人ともそうでした。 いつも私の愛の終着地をいつも思って、恋愛をしたようです。 私の性格がそうなんですよ。 それで私は結婚もしたくて、父もなりたいです。 '人生の段階'という意味よりは幸せしたいです。 結婚も幸せの重要な要素となることを固く信じているから。 一部の人たちは結婚が不幸の始まりと話したりするが、私は全然そうではありません。 '一人でなく、誰か一緒にいる時人間はより幸せすることはできないだろうか?'して長く考えて来ました。 もちろん'確信'ではないです。 残念にも確信を与えてくれた周辺のカップルたちが別れる場合をよく見たんですよ。



20代は屈折が多かったため、全ての場面が一つ一つはっきりして大切に浮かびます。 それに比べて30代の場面は矢のように早く過ぎて、憚ることなく生き抜いてきた感じです。 このごろはあるテンポ拍子を遅らせ、呼吸を引き締めたいと思います。 今がちょうどそうしなければならないときのようです。

アマデウス雑誌4


#チョ・ジョンソクの趣向

最近、刺激された演技と、作品がありますか。

最近は練習するために正直に新たに本作品がありません。 いつも次の作品を期待する尊敬する俳優たちはあります。 メリル・ストリープ※とハビエル・パルデム※ような、自らマンネリズムに陥ったそうなときは<鉄の女>、<優雅な世界>、<ノーカントリー>のような作品を振り返ります。私が俳優なので、監督の演出力を越え、俳優たちの演技が目立って、演技の中に徹底した悩みが見える作品を会ったときすごい刺激をもらいます。


メリル・ストリープ←クリック

ハビエル・パルデム←クリック


画面の中の私のステージの上の私、誰がより良いですか?

舞台ですね。私は今、舞台を準備しているのだから(笑)個人的にカメラの前の演技よりも舞台上の演技がはるかに満足度が高いです。ドラマや映画は、呼吸が短い編集芸術に比べ舞台俳優があふれ出すエネルギーが大きく演技の呼吸が長いからです。一度クライマックスまで感情を引き出すが爆発させてピシャリと払いのける、その感じが好きです。



休む時に趣味生活のような活動で自分を充電する方ですか、何もしないで放電させる方ですか?

率直にこの前には放電したい時期がちょっとありました。(笑)本来私は休む時にも、絶対静的じゃないです。 運動であれ、何でも持ってするスタイルなのに、ドラマ<トゥーカップス>を終えてすぐ演劇に合流してそうか少し放電したいという考えもしたんです。 しかし、久しぶりに楽な仲間たちと練習室で悩まされているため、そこでエネルギーを再び得ました。



友達とは'焼酎一杯'する方ですか、'コーヒー一杯'する方ですか?

当然'焼酎一杯'です。 今は友達が私の時間に合わせてくれる単純な理由で会の中心になったりしが、20代の時は'おい、今日全て集まって。 早く来て!'して本気で飲み会を作る方でした。 酒量は1本半から2本ぐらい。 年を取ったら以前のようにあまり飲めません。 多分私の人生でお酒を一番たくさん飲んのが三十歳の時だったんです。 人によってよくない時期があるはずだが、当時のことが私にそんな時期であり、ちょうど三十になった時期でした。



メールが楽ですか、通話が楽ですか。

通話です。 文字でそんなに頻繁に連絡するスタイルではないです。 話することがあればすぐ電話して、どうして文字を書いていても困って通話ボタンを押すスタイルです。 仕方なく文字で話しなければならないなら、私がしたい話をまとめて長文の文字で書いて過ごす方です



朝7時と未明1時の中でもっと好きな時間はいつですか。

未明1時。私の人生を振り返れば、夜型人間だった時期に集中力もいい、創意力もたくさんできたようです。 夜明けの時間には多くの場合、落ち着いて脚本や本を読むことが多いですが、私はTVや音楽もつけずに静かな状態で読んでいる方です。 そんなに本を開いてパッとハマって読んで、全部読んだと思ったらバシンと閉じます。 そしてTVをつけて見ることだけを見て消すやり方です。 いくつかを一つにしません。 寝る時もとても静かば眠れます。 TVをつけて寝たり、本を読みながら、寝たりするスタイルは絶対ないです。 敏感なのかわからないけど、とにかくそうです。



このごろ好んで聴く音楽は何ですか?

本当にずっとモーツァルトだけを聞いてください。 'レクイエム'、'フィガロの結婚'、'魔笛'、'ドン・ジョバンニ'など、良い作品がとても多いです。 聞く度に、身の毛がよだつほどね。 私がギターを弾いてそうか音楽を聞く時楽器の音を探して聞く方だが、モーツァルトの曲を聞くと、驚きました。 特定時点で、オーボエが出て、その次にクラリネットが登場するものが本当に天才的です。 聞いていると、'これはモーツァルトがいたずらをする作曲したのか?'する考えが入る曲もあります。 「パラパラパン」と始まるトルコ行進曲(ピアノソナタ第11番A長調作品331)のようなのは、'これは本当に指で机をたたく作らなかっただろうか?'する想像をするようにしてです。 作品をする時、配役に同化されてしまうほうだから、最近私生活は全部モーツァルトです。(笑)


Mozart Requiem モーツァルト レクイエム 高音質


新国立劇場オペラ「フィガロの結婚」ダイジェスト映像


新国立劇場オペラ「魔笛」ダイジェスト映像


2014年10月新国立劇場オペラ公演「ドン・ジョヴァンニ」ダイジェスト映像


トルコ行進曲/モーツァルト/



アマデウス雑誌5

いつも私は愛の終着地を考えながら恋愛をしたようです。 私の性格がそうなんですよ。 それで当然結婚もしたくて、父もなりたいです。 特に'人生の段階'という意味よりは幸せしたいからです。 結婚も幸せの重要な要素となるのであると固く信じるから。

http://www.allurekorea.com/2018/02/20/all-new-faces/

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/4527-a469ed6a
該当の記事は見つかりませんでした。