FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

アマデウス3/17、18 鑑賞記⑨

見たまま、感じたままを
独断と偏見&ネタばれ&上からmarcy(;^ω^)満載で書く
アマデウス3/17、18 鑑賞記⑨

いよいよ最終回
書き始めた時は⑨になるって
思ってなかった(;^_^A

ネタばれとか言いながら
記憶違いがや不足が多々あり
すみませんm(__)m

お付き合いいただきました皆さま
ありがとうございます。

読まれる方は
↓Read More をクリックしてくださいね





コンスタンツェ
キム・ユンジさん←岸井ゆきの似
ハム・ヨンジさん←松たか子似←あくまで個人の感想です
の、お二人しか見ていませんが

コンスタンツェの私個人的なイメージ合ってるのは
キム・ユンジさん

でも、実際に演技になると
一見お上品に見えるハム・ヨンジさんが
ちゃんとトントンwモーツァルトに似合った
コンスタンツェになります。

二幕のコンスタンツェは
登場してすぐに感情をあらわにするシーンが多いですが
その切り替えと演技のノリ具合いが
ハム・ヨンジさんの方が圧巻な印象を受けました。


17日の夜公演は
OP席でコンスタンツェがハム・ヨンジさんだったので
近くで表情がよく見えて
尚更、そう感じたのかもしれませんが…(;^_^A





1人残されたモーツァルト


モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラ
「魔笛」のシーンが登場します

バルコニー型の山車が

上手の山車には「夜の女王」
LITTLE WINDSの中で唯一の女性
キム・ハナさんが演じます

下手には
カテリナ・カヴァリエリ役を演じるソン・ウィワンさん

双方が乗せられたままで両舞台袖から登場
向かい合ったように配置されます


バルコニー型の山車の手前に
箱型のベンチが真っ二つに切れたようになった
低い山車?が2つ登場して
ファーコート姿のポーツァルトが乗り込み
山車が離れたり、くっついたりと
LITTLE WINDSにグルグル動かされながら
指揮をします

この時のモーツァルトは
ファーコートもはだけて
まともに立っていられないような状態

⑲魔笛K. 620「夜の女王のアリア」
「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え 」(Der Holle Rache kocht in meinem Herzen)




⑳魔笛K. 620「太陽の輝きが夜を追い払い」Die Strahlen der Sonne vertreiben






アマデウス 第2幕15〜17場
モーツァルトのアパート/モーツァルトの死/モーツァルトの葬儀 -
ハン・ジサン、チョ・ジョンソク、ハム・ヨンジ(プレスコール)


ここから、
「アマデウス」のクライマックスへ

プレスコールでやっちゃうんだ?
動画で公開しちゃうのねぇ

と思いましたが


一番の見せ場であることは確かで
ちょっと見方を変えたら
このシーンをチョジョンソクがやって見せないで誰がやる⁉なので

動画で残してもらえたことに感謝です


12分26秒くらいのところ
モーツァルトとサリエリがもつれるようなシーンになりますが
18日の公演でイ・チュンジュさんとの共演時

モーツァルトにサリエリが覆いかぶさるようなところで
マイクに雑音が

ガ~ッと行き過ぎた感じで
この後
サリエリが立ち上がって1人舞台でセリフを言うシーンになったら
耳から頬へ出ている小さなマイクのあたりの
イ・チュンジュさん頬から細く一筋血が流れはじめていて

先ほどのシーンで
どこかを切ってしまったようでした。

冒頭のサリエリが1人で語るシーンで流れているのは
㉒モーツァルト : レクイエム ニ短調 K. 626 より 第1曲 レクイエム【交唱】 イントロイトゥス【入祭唱】
こちらの動画では2分39秒のとこ



モーツァルトが息を引き取るシーン
㉓レクイエム ニ短調 K. 626 ラクリモサ涙の日


車椅子の老人の姿で再登場した時には
出血は止まっていました。

動画が終わってしまった後の場面
老人サリエリが
モーツァルトの音楽を回想する場面で
㉔交響曲第41番ハ長調 K. 551 ジュピター 第4楽章



LITTLE WINDS
サリエリ~サリエリ~の囁き声

サリエリが剃刀を取り出し
自分の首を切りつけます

車椅子が後ろ向きになり
LITTLE WINDS
サリエリの首に
血が滲み出た包帯を付け
車椅子を前向きに


ぐったりした様子のサリエリ
でも、死んではいない!
大騒ぎのLITTLE WINDS

声が出にくく
かすれ声のサリエリ


立ち上がり
マントとカツラを取って
今のサリエリになる

㉖モーツァルト/ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 第2楽章,K.466


薄いスクリーンの後ろで
サリエリが
行き交う人,行き交う人に
「あなたを許します」と言う

舞台が暗くなり幕


17日の公演は
ジョンソクさんのお母さんとお兄さんが見に来ていたそうです

あんな風に
客席総立ちで拍手されている
息子って
誇らしいでしょうね

私の次回であり最後のアマデウス鑑賞は
4/29の最終公演の予定です。

最後にハンチサン サリエリを見るのを
楽しみにしています!
関連記事

2 Comments

marcy says..."Re: そうだったんですね⁈"
そうんな風に思っていただけたら
嬉しいです!

私自身も振り返りながら
拙いながらも
自分の中で1つ1つ思い出す
いい機会になりました。

書いていて
楽しかったです。


お母さんとお兄さん
ちょっと見てみたかったですよネi-236
2018.04.15 09:52 | URL | #- [edit]
Ari says..."そうだったんですね⁈"
マーシーさんの鑑賞記録に感動、感心しきりです、ピンポイントで一度行ける週末の3回が丁度マーシーさんもいらしてる回で、自分の中での公演詳細の記憶が少し薄らぐ中(感動や間近で見られた優しいお顔は深く心に刻まれましたが、言葉の分からない公演内容は薄らいで行き💦)、ほんとに有難い事です、あのスケールの大きいお芝居を記憶辿り寄せて、こうして私達に再現して感動を再現されるのって物凄い才能ですよね!
あとあと、17日、ジョンソクさんのお母さんとお兄さんも鑑賞してたのですね!それも感動です、確かにあのスタンディングオベーションの中おられたのであれば、愛息子があそこまでビッグになり人々に感動を与えてるのを再認識されて感無量でしたよね、、新たな事実を教えて頂き、私も感動です!
2018.04.14 08:30 | URL | #MdaplPVc [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/4682-e9002425
該当の記事は見つかりませんでした。