FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

マッコン観劇&出待ちレポ②

カーテンコールの後は
いつもなら幕が下りたら
館内が明るくなるのですが

昨夜は、
拍手し続ける観客&館内暗いまま

盛り上がる拍手に
ふたたび幕が上がり
舞台上にはそのまま出演者全員が

LITTLE WINDSのユク・ヒョンウクさんが
マイクと司会用のカード式台本?カンペ?を持って
「アイ セイ マッコン!ユー セイ インサ!」

まず自分で
「アイ セイ マッコン!」

観客へマイクを向けて
「ユー セイ 」

観客
「インサ!」

「最終公演挨拶をするので
座ってください」

外国人ファンも来てることを把握していて
「プリーズ シッダウン」

着席して、挨拶が始まりました。

まずは、コーラス
一人一人名前と
この舞台がデビューだった3名も
紹介されて

代表で1人が挨拶

なんか、この時点で
このアマデウス チームがほっこりした
いいチームだったんだなぁ…という感じが

後から聞いたのですが
マッコン挨拶というのはあるけれど
それは、主役級の人がするのが普通で
今回のように端役まで挨拶するのは
珍しいそうです。

その後
カヴァリエリ←少し涙ぐんで
ヨーゼフ2世←涙ぐんで声が詰まる

既に出演を終えている
パク・ヨンスさんが私服姿で登場して挨拶

LITTLE WINDSが1人ずつ挨拶
モーツァルトアッパが涙ぐんで声を詰まらせ
腰が曲がった宮廷楽長もウルウル

コンスタンツェもちょっとウル

出演が終わったキムユンジ&イエルも登場
2人とも私服(黒い服)

キムユンジさんは、
コンスタンツェを演じていた時のように
指先を握った両手を左腰に付けたポーズで←客席から笑い

挨拶の時
皆さんに感謝しますと言うような時に
その場でクルクル回転して言ってました←客席から笑い

ポーツァルトの挨拶

こちらはshirotoraさんが
現場でメモ取られたものを
書きおこしてくれました。

「メモと記憶で再現したので、
抜けや誤りがあるかも知れませんが」
とのことですが
ありがとうございますm(_ _)m



私たち俳優は
みなさんの拍手を糧に生きているので
この間とても幸せで、楽しく過ごして来ました。

僕たちの演劇「アマデウス」を愛してくださって、
本当にありがとうございます。

僕は個人的に7年ぶりに演劇の舞台に上がったので、
たくさんの愛情と応援をいただいた
ファンの皆さんに感謝の言葉をお伝えします。

そして、
そしてこの公演自体を作り上げていただいた
同僚のみなさんにも感謝の言葉を捧げます。

みなさん舞台良かったでしょう?

僕も自負心を持って舞台を降ります。

僕たちの公演「アマデウス」がみなさんにとって
みなさんがどんな時代に生きて行くのか分かりませんが
みなさんの人生を再評価することが出来るような
みなさんの時代や
みなさんの時間に
再びスポットを当てることができるような素晴らしい作品として
みなさんの心の中に残っていくことを切に願いながら、
ご挨拶を締めくくりたいと思います。
ありがとうございました。

③に続く

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/4724-26a95145
該当の記事は見つかりませんでした。