FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「ペンバン」従来の彼の姿を想像できなかった新しい悪役を見せてくれる予定

韓国のらぶじょんずさんが
読んでみてくださ~い!とペンバンの記事を教えてくれました。

映画<ペンバン>は、統制不能のスピード狂事業家を追うひき逃げ専担班の孤軍奮闘を描いた犯罪娯楽アクション映画だ。 韓国映画で本格的に初めてして扱われる素材である'ペンバン'はひき逃げ事件だけを取り扱っている警察内の特殊組織ひき逃げ専担チームを減らして指す言葉だ。 警察庁の'2018交通事故統計'によると、2017年ひき逃げ事故は7,880件で、死者は150人、負傷者は11,429人だ。 このように道路上最悪の犯罪と呼ばれるひき逃げするタスクフォースの物語を盛り込んだ映画<ペンバン>は新鮮な素材を中心に個性の強いキャラクターたちのチームプレーを加え、従来の警察映画で見られなかった差別化された楽しさを担保する。

スキッドマーク、バンパーの彫刻、CCTV映像など小さな証拠一つ逃していない緻密さと執拗さで、事件を追う、多くの専門家たちの活躍で描いた'ペンバン'の世界は観客の視線を釘付けには十分だっだ。 映画を演出したハン・ジュンヒ監督は"まだ観客たちに慣れていない警察内'ペンバン'という素材を慣れた犯罪アクションジャンルの枠組みの中で変奏して、興味深く描いて出したかった"、演出意図を明らかにした。 悪いやつを必ず捕まえるという一念で孤軍奮闘を続けている特殊組織ひき逃げタスクフォースのぴりっとした追撃を描いた<ペンバン>。スピードと線を越えた非良心的犯罪、ひき逃げ事件に対する怒りと共感を刺激する一方、個性の強いキャラクターの魅力と予測不可能の展開、ぴりっとしたカーアクションが結合した痛快な映画で2019年新年の映画館を圧倒するだろう。

統制不能のスピード狂事業家'ジェチョル'を握るという一つの目標に向かって力を合わせて、ここに非公式の専門家まで加勢して繰り広げるキャラクターたちのチームプレーは映画のいたるところで意外のケミストリーを発散し、劇的な面白さを倍増させる。 忠武路(チュング・チュンムロ)の代表演技派俳優たちと注目される新人たちまでキャスティングだけでも期待を高める<ペンバン>は、俳優たちの多彩な組合と演技のアンサンブルでふんだんな話題を伝えることだ。

チョ・ジョンソクもレーシングチームの指導下に直接F3マシンの走行、チューニングされたレーシング車両を練習したが、実際の選手たちも運転が容易ではないというF3マシンを短期間でマスターしてレーシングチーム関係者たちも彼の運転能力に感嘆したという。 このように主演俳優たちが長い時間をかけて練習した結果、主要なカーアクションシーンを直接消化した。 最高の製作陣と俳優たちの限りない努力で完成された<ペンバン>のアクションは、限界を超えたリアルなイベントで手に汗を握らせる歯ごたえの楽しみを満喫することだ。

最近<麻薬王>まで毎作品、新たな変身を図ってきたチョ・ジョンソクは<ペンバン>で韓国初のf1レーサー出身事業家であり、統制不能のスピード狂'ジェチョル'に分解て演技人生初の強烈な悪役変身を披露する。 チョ・ジョンソクは言い方、視線、身振りだけでも空気を冷ややかにする狂気じみたキャラクターを見事な演技で消化し、従来の彼の姿を想像できなかった新しい悪役を見せてくれる予定だ。 ジェチョルはペンバンの捜査網が狭まるほど、レースを楽しむ、先を読めない意外性に終始緊張感を形成し、簡単に忘れられない強力な印象を残すことになるだろう。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5113-069e01eb
該当の記事は見つかりませんでした。