FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

パクギュヨン、'緑豆の花'出演確定&2019上半期ドラマ'期待される3つのポイント'

「突然縁談の提案」ってどっち?どっち?←もう勝手にチョ・ジョンソク-ユン・シユンのつもりw

記事から抜粋です

★パクギュヨン、'緑豆の花'出演確定…チョ・ジョンソク-ユン・シユン-チェ・ウォニョンと共演
緑豆の花記事7

俳優パクギュヨンがドラマ'緑豆の花''に合流する。

パクギュヨンはきれいな容姿に純粋で清らかな心がけを持っていた二十歳'ファンミョンシム'で作品に合流する。

ファンミョンシムはロマンと愛がいっぱいの人生を夢見ていた中、突然縁談の提案を受け、新しい人生を迎えることになる人物。パクギュヨンは、劇中の兄妹として登場する'ファンソクジュ'役のチェ・ウォニョンと特別な演技の呼吸を披露する予定だ。http://star.mk.co.kr/v2/view.php?mc=ST&year=2019&no=83620




時代劇ドラマのところだけ抜粋です

★2019上半期ドラマ'期待される3つのポイント'

2019年上半期のお茶の間ラインアップが輪郭を現した。 最も目立つ部分は総体的問題点として、視聴者から敬遠されたMBCドラマの切磋琢磨だ。 MBCは華やかな出演陣を確保した期待作を掲げている。 さらに、検証された韓国ドラマコンテンツの一つである時代劇がいくつかのチャンネルで放送を控えている。 この2年間トレンドを先導したジャンル水の変身も注目に値する。 今年からは'オムグンジン(=厳格(엄격)と謹厳(근엄)と真摯(진지)=威厳があって徹底的に厳粛な態度を見せること)'を脱いでやや軽いタッチで描いた作品たちが主流を成している。

■韓国ドラマ、時代劇なければ心さびしい

2019年上半期には'史劇のブーム'が訪問する勢いだ。 一番先にチョン・イル、コアラ主演のSBS月火劇<ハッチ>が放送される。 <ハッチ>は、朝鮮時代の英祖の青年期を盛り込んだ正統時代劇だ。 問題的王子ヨンイングン今(チョン・イル)が司憲府の茶母余地(孤児)、熱血の受験生のパク・ムンス(クォン・ユル)と手を取り合って、王位を狙う老論の首長ミンジンホン(イギョンヨン)に対抗して大統領の座を勝ち取る痛快なサクセスストーリー。 <イサン><トンイ><馬医>など時代劇の興行不敗神話を書いた脚本家キム・イヨンさんの新作だ。

4月放送を控えたチョ・ジョンソク、ユン・シユン主演のSBS金土ドラマ<緑豆の花>も正統時代劇で、男性ファンの視線まで集める予定。<緑豆の花>は<鄭道伝>のチョンヒョンミン作家と<六龍が飛ぶ><根深い木>のシン・ギョンスPDの意気投合で準備期間が3年が費やされた。 昨年末、キャスティングを終えて、現在、全国を回り、戦闘シーンなどについて事前の撮影が進行中だ。

5月放送予定のtvN土日ドラマ<アスダル年代記>も興行俳優と制作陣が意気投合した。 <六龍が飛ぶ><根深い木>のキム・ヨンヒョン、パクサンヨン作家と<ミセン><シグナル><私のおじさん>の金ウォンソクPDが会った。

ドラマ評論家ウンクスルはSBS金土ドラマ<緑豆の花>とtvNト土日ドラマ<アスダル年代記>が、土曜日編成時間が重なった点に注目した。 彼は"正統時代劇<緑豆の花>とファンタジー時代劇<アスダル年代記>はジャンル自体は違うが、製作陣らの顔ぶれを見れば、非常に興味津々な対決が繰り広げられると予想される。 土曜日の夜の勝者が誰がなるか見てみるのもドラマを見る醍醐味になるだろう"と見通した。

https://m.entertain.naver.com/read?oid=144&aid=0000595060

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5244-e36a8980
該当の記事は見つかりませんでした。