FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「麻薬王」感想

日本語字幕が付きのを見るまでは
きちんと映画の内容を理解できないのと

きちんと内容が理解できたら
映画の感想が変わってくる面もあるかもしれないので
字幕版が見られるようになるまで
感想に関しては保留にしてました。


結果としては…
韓国語で見た時と
字幕付きで見てからの
映画に対する印象はあまり変わらなかった…です。

12月22日のブログ記事で
「麻薬王」見ました!←クリック

「このくらいにしておきますね
日本で公開になったらまた」
書きました
私の感想の続きをちょっと…


私が「麻薬王」を見たのは
韓国での公開3日目金曜日午後2時過ぎの回
↑明洞のロッテ百貨店寄りの方の映画館

平日の昼間で19禁なのに
映画館は前3列を除いて
おばさん、おじさんの客層
ほぼ満席状態

映画への期待と人気具合いがよくわかりましたし
このタイミングで「麻薬王」を見に来ている人って
早く見たい!ってすごく楽しみにしていた人たちだよね?と


映画が始まると
ちょいちょい笑いも起きていて
前半はテンポ良い感じに進んでいきましたが

後半に入ると…

続きは↓Read Moreで

気になり始めたのが
観客のコートがすれる音

12月下旬ということもあって
ダウンコートを着ている人が多かったのですが
体勢を変える際に
そのダウンコートの生地が
ガザガザいう音が
後ろや斜め後方からも聞こえてきて

それも、一回ちょっと姿勢を変えたというのではなく
明らかに
モゾモゾ動いているというか…
映画に飽きてしまっているのが窺えました(>_<)


私は、開始1時間後くらいのところから
やっとキム・イング検事が登場なので
気持ち的には前のめりの大集中で見てる状態でしたが

後半は麻薬王に昇りつめたイ・ドゥサムが
落ちぶれていくところ
ソン・ガンホssiも迫真の演技なのに…

この衣擦れ音が
そこかしこからし始めたのを聞いて
館内の集中力が切れてしまったのを感じて
これ…もしかしたら
麻薬王はダメかも…(興行成績的に失敗するかも)
と思いました。


韓国記事に
映画が長い(139分)ところにきて
ソンガンホの演技だけで観客を惹きつけられておけるのか?と書かれていたとおり


「実在の麻薬王イ・ドゥサムの伝記」なら淡々とした展開でも仕方ないのかもしれませんが
イマドキは
見る方の目も肥えているし
ストーリー展開に対しての期待もあったのではないかと

cyurinさんがブログに書いていましたが
Netflix (ネットフリックス)で「麻薬王」って検索するとたくさんヒットしますよね。
「ナルコス」(コロンビアの麻薬王の話)は
面白いと評判だそうです←我が家のもう1人のジョンソクファン情報



イ・ドゥサムが麻薬王にならないと
キム・ジョンアも落とせないし
キム・キムイング検事に追われることもないので
ある程度話が進まないと
出てこないのは仕方ないっ
出演分量に関しては
まあ、そうだよね…の納得ですが

意外と
従弟との間も
キムジョンアとの仲もあっさりと描かれてるし←お金で繋がっているだけだからあれでいいのか?
検事が麻薬王を追い詰めていくのも普通
最後は自滅だし…


出演分量以前に
イドゥサムとの絡みの中での
役のインパクトが無いなぁ…と

派手はアクションがないのは
韓国記事や予告で初めから分かってましたが
静かな展開の中でも
騙し騙され
裏切り、裏切られ
のような展開もあるのかと
勝手に期待していたら
ちょっと違いました…ね。


舞台挨拶で行った時は
当然、韓国のらぶじょんずさんたちから
「映画どうでしたか?」と聞かれるのですが

そういう時は
心を開いて正直な感想を言うようにしています。

ジョンソクファンだからって
ジョンソク出演作を手放しで賞賛じゃなく
ここでは
ジョンソクファンだからこそ
面白い映画は面白い
面白くない映画は面白くない←言ったね
って自分の意見を言わないと!

見る目が無いと思われるでしょう

というわけで
「麻薬王」はどうでしたか?と聞かれて

「『ソン・ガンホssiの映画』でしたよね。
キム・イング検事は1時間出てこないし←これはちょっとジョークっぽく←ちゃんとウケました
ジョンソクssiの検事はカッコよかったけれど
映画のストーリーは面白くないですね」
と答えると
韓国のらぶじょんずさんたちから
「ですよね」「その通り!」というリアクションが

韓国のらぶじょんずさんたちと感想は一致でした。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5262-f78cf839
該当の記事は見つかりませんでした。