FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク"舞台に対する渇き懐かしさいつもある

23日に出ていた記事ですが
これは
どこまで現実味を帯びた話なのか…←でも、期待大



チョ・ジョンソクが舞台に対する渇きがいつでもあると告白した。

俳優チョ・ジョンソクは最近、ニュースエンとのインタビューで、着実に舞台に立ちたいという願いを伝えた。

ドラマと映画にもたくさんの愛を受けてきたチョ・ジョンソクだが、彼は'スプリングアウェイクニン''私の心のオルガン''大長今''ヘドウィグ''グリース''オールショックアップ''トゥルーウェスト'など様々なミュージカルや演劇代表作を残した俳優だ。

忙しいスケジュールの中でも、映画、ドラマだけでなく、演劇、ミュージカル界でも活躍中のチョジョンソクは"舞台に対する渇きや懐かしさがいつもある"と舞台に対する愛情を示した。 1年に一度はぜひ舞台に立つことにかなり前から心したと言う。

最近作は昨年2月~4月まで公演された演劇'アマデウス'だ。 'アマデウス'でチョジョンソクはモーツァルト役に扮したくさんの愛を受けた。 チョ・ジョンソクは"ドラマ'トゥーカップス'終わって演劇をしようとする時点に演劇が先に決定され、その次'ペンバン'シナリオを受けて決定した。 もともと演劇が先だった。 それで、不本意ながら少し期間が重なった"と打ち明けた

そして、チョ・ジョンソクは"今年も実践したいんですが、良い作品を会うべきじゃないか"とし、今年、ミュージカル公演の可能性をほのめかした。 チョ・ジョンソクは"これを実践できるように頑張りたい"、意志を露にして期待感を高める。

チョ・ジョンソクは"舞台で演技するときはカメラの前で演技する時よりずっとエネルギーが大きい。 中大型劇場ではるかに発散してくれてこそ、観客が共感できるが、そのような点ですっきりした。 声も大きく出してクールな感じあった"と舞台公演や媒体、演技の違いを明らかにした。

一方、チョ・ジョンソクが生涯初の悪役に挑戦した映画'ペンバン'は過ぎた1月30日に公開したが、興行的には失敗した。 チョ・ジョンソクは、今年上半期放送されるSBS新ドラマ'緑豆の花'でお茶の間に復帰する。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201902211746541910

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5267-832824d3
該当の記事は見つかりませんでした。