FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク、20秒で証明された圧倒的フォース...「緑豆の花」奇襲ティーザー公開

緑豆の花記事17

期待作"緑豆の花-人,空になる"がベールを脱いだ。

SBS新金土ドラマ'ノクドゥコッ-人、天になる'(チョンヒョンミン脚本、シン・ギョンス演出、以下'緑豆の花')は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。 東学農民革命を本格的に描いたドラマであり,民衆歴史劇として記念碑的作品の誕生を予告している。

このような中、この29日'緑豆の花''最初のティーザー映像が奇襲公開された。 ティーザーは,燃え盛るたいまつを眺めるチョ·ジョンソク(ペク・イガン役)の瞳で始まる。 これと共に"世間を救済し,民を安らかにするだろう","見よ,新しい世界よ"という誰かの威厳と凄絶な叫びが聞こえてくる。 さらに,画面の中の民衆の入った火が燃え広がるたいまつは,たいまつが集まって海になり,民衆が握った竹やりは,集まって山を成す。 125年前この地を揺るがした民衆の熱望がそのまま感じられる。

チョ·ジョンソクの熾烈(しれつ)な暮らしが耳目を集めた。 首が縛られたまま空中に引かれたまま,もがいていたチョ·ジョンソクは,白い服を着て決意に冷たい表情で正面を見つめる。 ここに合わせて登場する"狂った世の中" "けりをつける"というコピーは,チョ·ジョンソクの意味深い目つきとあいまって,見る人の心に強烈に刺さる。

わずか20秒ほどの短い映像であることにもかかわらず、'緑豆の花'1次ティーザーは民衆、時代劇として重厚な響きとメッセージを強烈に描いた。 125年前この地にも、125年が経った2019年にこの土地にも受け継がれた民衆のエネルギーと力がどれほど強力なものかを見せてくれたのだ。 それだけでなく,チョ·ジョンソクは目から身動きが取れない熱演で存在感を誇示し,"緑豆の花"に対する期待を高めた。

'緑桃の花'は"鄭道伝","アセンブリ"など鋭い警句の完成度の高いストーリーを誇る鄭賢敏(チョン·ヒョンミン)作家と"根深い木","六龍が飛ぶ"など線の太い演出を誇るシン·ギョンスPDが意気投合した作品だ。 来る4月26日に初放送。

https://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=1116966

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5319-a8428160
該当の記事は見つかりませんでした。