FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」登場人物⑥全州旅閣

追記
4/24完全版?が公開されました

緑豆の花関係図7-2

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

全州旅閣

★ソン・ジャイン (ハン・イェリ)
洗礼名"リディア
利益を残す人生を追いかけたが,人を残す人生を選んだ客主"

緑豆の花商人1-2

開港場の日本の商人らとの仲介貿易で急成長している全州(チョンジュ)商人。

冷徹な判断力とカリスマ性で,全州(チョンジュ)旅閣を陣頭指揮する"鉄の女"だ。

全羅道(チョルラド)行商人たちの都接長のソン・ポンギルの無男独女(息子がおらず一人娘)

物静かな言行に優雅な姿態で,一見すると名門大家の金枝玉葉だが,興奮すれば,なまめかしい全羅道(チョンラド)方言に悪口が途方もなく飛び出す。

駆け引きで勘定を覚え,棒で文を学んだ。 同じ物の値段が時と場所によって変わるように,世の中も変わるものと信じる。 彼女は,来るべき新世界で客ではなく,主人公として生きたかった。 彼女の野心は,全州を越えて朝鮮全体に向いてから長らく···

好奇心で聖堂を出入りしたが,よほどでなければ信仰心は生まれなかった。 彼女に天主教は単なる新聞物,神食思想であるだけで,ブルランサー神父が聞かせる国外の話を聞きながら,開化を熱望する新女性として成長した。

そうしたある日,チョ·ビョンガプとイバン·ベクカが実施した防穀令によって全州が大きな打撃を受けることになる。 見るに見かねた彼女は甲午年の正月,古阜(コブ)に帰る。 チョン・ボンジュンが起こした騒乱の渦に巻き込まれ、百家の2人の兄弟と関わるようになるのだが・・・


★チェ・ドッキ (キム・サンホ)
ソン·ボンギルの義兄弟で,ソン·ジャインが運営する全州(チョンジュ)旅閣の行首(ヘンス=商団や教房などのトップ)

緑豆の花商人2-2

ソンジャインの影の如く随行する忠直な男

荒々しい外見に性格も厳しいが,ソンジャインの前ではおとなしい羊に急変,ややもすれば羽を伸ばすことができない。

武官出身で、伝統武芸の達人だ。 12年前、壬午軍乱が起きた時、戦友たちを鎮圧すると言う命令が下がると未練なしに軍を去った。 火田を掘り起こしながら暮らしていたところへ,ソン·ボンギルに会って世間から出てきた。 行商人になって,ボンギルと世を転々とする間,ドッキの昔の部下たちは,中央軍部の要職を身につけた。


★ソン・ボンギル (パク・ジイル)
ソン・ジャインの父。

緑豆の花商人3-2

全羅道行商人の自治組織、全羅道任房の都接長。
※任房(임방)
行商人や担い商いが集まって交流したところ

小柄な体格に丙寅洋擾(へいいんようじょう)の時負傷し脚が不具。

※丙寅洋擾(へいいんようじょう)
1866年10月、フランス人宣教師の処刑(丙寅教獄)を契機として、李氏朝鮮とフランス帝国との間で発生した戦い。

行商人の全面的な支持を受けているはずで朝廷でも次期八道都接長に決定した状態だ。

生涯を行商人という自負心一つ生きてきた。

王室から下賜する內帑金(ないどきん=王様の個人財産)や宝石商らが市場から回収する無名税金で相当な富を集めたが,初心を失わず,質素な生活を維持している。

都接長として行商人たちの既得権を守ることならどんな困難も恐れない。

賄賂はもちろん、必要であれば、暴力も辞さない。


緑豆の花関係図5-2

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5367-23c02a99
該当の記事は見つかりませんでした。