FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」13‐14話 視聴率

緑豆の花7話記事4

SBS金土ドラマ'緑豆の花'(脚本チョンヒョンミン、演出シン・ギョンス、キムスンホ)でチョジョンソクがユン・シユンが自分を利用したことを知って驚愕、最高視聴率12.47%で同時間帯の1位の座を守った。

5月17日に放送された'緑豆の花'13、14回の視聴率の場合、ニールセン・コリアの首都圏基準(以下同一)にそれぞれ8.2%(全国7.0%)と9.5%(全国8.4%)で記録した。 最高視聴率は、最後に達し、12.47%まで跳ね上がった。

おかげさまでドラマは同時間帯の地上波で放送されたすべてのプログラムのうち1位を獲得することができた。 また、広告関係者たちの判断指標である2049の視聴率でも'緑豆の花'はそれぞれ2.0%と2.7%を記録し、同じく同時間帯の地上波1位の座に上がった。


この日の放送分は黄土県の戦闘で倒れた民たちの姿が見え,これに錯綜したペク·イガン(チョ·ジョンソク)が,チョン·ボンジュン(チェ·ムソン)に向かって"こうすれば仁即天世界が来るのですか"と問い,"私たちが行かなければならない。 道が開かれたから"との返事を聞きながら始まった。

そして,ソン·ジャイン(ハン·イェリ)が東学軍に捕まり連れて行かれ,この渦中にイガンと切ない出会いを持った。 その後,ジャインは"必要なものがある"と助けを求めるチョン·ボンジュンと息が詰まるほど激しい神経戦をもった。 結局,自人の要請がソン·ボンギル(パクチイル)に渡され,取引は実現した。

そうかと思えば,ペク·イヒョン(ユン·シユン)は突然登場したイガンに助けられ,ファン·ソクジュ(チェ·ウォニョン)に足を運んだ。 そして,ファンミョンシム(パクギュヨン)との婚礼の準備がうまいと言葉を投げたが,すぐ集まっていた両班(ヤンバン)に袋叩きに遭ったり,あっという間に疑問の男性たちに囲まれてしまった。 しかし,イヒョンはイガンだけでなく,密かに隠れていたポドゥり(ノヘンハ)とボンゲ(ビョンホン)のおかげで命拾いできた。 しかし,彼は"ペク家に戻れ"という言葉と共に,二人にはこっそりと薬を入れたご飯を食べさせながら,イガンを驚愕させた。

チョンヒョンミン作家とシン・ギョンス監督の'緑豆の花'は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーに毎週金、土曜日の夜10時に放送される。 15、16回は5月18日土曜日の夜10時に公開される。
http://pop.heraldcorp.com/view.php?ud=201905180728285198898_1

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5495-b5ef1f88
該当の記事は見つかりませんでした。