FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」俳優+制作陣、心に飛び込んだファンリョンガン戦闘シーン「凄絶」

緑豆の花8話記事4

"緑豆の花"戦慄の黄龍江の戦闘シーン,撮影現場も熾烈で胸熱かった。

SBS金土ドラマ'緑豆の花'は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。 125年前、国民の熱弁東学農民革命を本格的に描いた記念碑的なドラマで熱い好評の中に放送されている。

こうした意味で"緑豆の花'"の中の戦闘シーンは特に重要だといえる。 125年前、国民たちが夢見た転覆のファンタジーが、振り切って立ち上がるしかなかった彼らの胸熱い鬱憤が、命を持てるほどの凄絶な希望がそのまま表れているからだ。 先立って5月11日、東学農民革命記念日に放送された'緑豆の花''ファントヒョン戦闘シーンは置いておいて語られ、熱血視聴者とマスコミの絶賛を導いた。

そしてもう一度,視聴者胸を熱く燃やして戦慄を先導した戦闘シーンが公開された。 5月18日に放送された'緑豆の花''15~16回ファンリョンカン戦闘場面だ。 悠々と流れる黄龍江(ファンリョンガン)をそばに置いて,東学農民軍の義兵隊と朝鮮中央軍の京軍が対峙した。 新式の兵器で武装した警軍が休む間もなく砲弾を撃ち,義兵隊は竹槍を持って堂々と耐え抜いた。 その後,義兵隊は将太を転がして進撃した。 死に終わったが果てしなく進撃する義兵に,結局,京軍は退却した。 東学農民軍義兵隊の勝利だった。

当該シーンは,スケールやメッセージ面のメッセージ,演出なら演出,熱演なら,熱演の全部分で感嘆を誘発し,お茶の間劇場に吹き荒れた。 特に,皆が平等な世の中を夢見て,義兵隊に合流した乞食たちが命がけで戦う時に響いた角説が,打令は悲壮さを越えた雄大さで画面を埋め尽くした。 その後,いろんな意味で"口が開ける場面だった"など爆発的な反応が出た。

それなら"緑豆の花"のアイデンティティを静かに見せてくれた黄龍江の戦闘シーンはどうやって完成したのだろうか。 あれほど悲惨な鬱憤と希望をどのように視覚的に具現できたのか。 これは驚くべきチョン·ヒョンミン作家の台本,力と響きをすべて取ったシン·ギョンス監督の演出,全てを投げ出した俳優たちの熱演があってこそ可能だったということだ。

特に,チョン·ボンジュン役のチェ·ムソン,ペク·イガン役のチョ·ジョンソク,チェ·ギョンソン役のミン·ソンウク,アン·ギルガン,ノ·ヘンハ,ビョンホンなどを筆頭にした俳優たちの労を惜しまない演技は,現場でも感嘆と拍手を浴びたという。 それほど"緑豆の花"俳優,制作陣が心をひとつにして黄龍江の戦闘シーンに飛び込んだことを意味する。


これと関連し,"緑豆の花"制作陣は"このドラマは東学農民革命を描く。 それだけ,歴史の中の様々な戦闘が描かれる。 私たちが歴史書から見て,単なる"戦闘"というテキストに過ぎないが,その時代を生きながら,戦闘の中にいた人には誰よりも死活をかけた悽絶な瞬間だった。 乏しいが,その時代の民衆の熱望を視聴者の皆さんに少しでも伝えていけるよう最善を尽くしている。 今後も"緑豆の花"を通して民衆の哀切な叫び声に愛情と関心,期待をお願いしたい"と伝えた。

多くの視聴者が"緑豆の花"をめぐり胸が熱くなるドラマという反応を見せている。 これはもしかしたら125年前にも、2019年に現在にも一致する民衆の心を描いたからだろう。 '緑桃の花'が前へ展開する民衆の話が引き続き知りたくて胸が熱くなる。 一方、SBS金土ドラマ'緑豆の花'は毎週金、土曜日の夜10時に放送される。

https://m.entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0003420213

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5518-b420a7b8
該当の記事は見つかりませんでした。