FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」チョジョンソク、なぜハンイェリの手を掴んだのだろうか... 「衝撃的な状況に直面する」

2019052516035869c.jpeg


"緑豆の花"のチョ·ジョンソクは,ハン·イェリの手をなぜつかんだのか。

SBSドラマ"緑豆の花"(脚本チョン·ヒョンミン/演出シン·ギョンス,キム·スンホ)がペク·イガン(チョ·ジョンソク),ペク·イヒョン(ユン·シユン分)兄弟の本格的な対立とともに,さらに凄絶に荒らしている。 "異母兄弟"を筆頭に,東学農民革命の渦に巻き込まれた人物の歪んだ運命が,切ない人生が,切ない愛がお茶の間劇場の胸まで叩くという反応だ。

'緑豆の花17~18回は、残酷な時代を生き抜いていた若者たちの胸の痛む愛を描いて、視聴者たちの感情移入や没入を引き出した。 ペク·イガンは,自分に向けられているソン·ジャイン(ハン·イェリ)の心を知っていながらも,自分も彼女を心にしたにもかかわらず,彼女を追い出した。 ペク·イヒョンは復讐心に染められたが,ファン·ミョンシム(パク·ギュヨン)に対する自分の心を簡単に収めることができなかった。

若者たちの恋慕の情も巨頭オボリルほど残酷だった時代の痛みがそのまま伝わった60分だった。 '緑豆の花をずっと見た視聴者たちは、君の男女の愛と運命が残念でならず、一緒に胸乗せた。 特にペクイガンを生かしてほしいと祈るであるソン・ジャイン、二人の抱擁、心与えないと転じるベクイベストの姿は見る人の涙腺を刺激した。

このような中、25日'緑豆の花'製作陣が尋常ではない雰囲気で向かい合ったペクイガン、ソン・ジャインの姿を公開して耳目を集中させている。

公開された写真は'緑豆の花'19~20回一場面を撮影したのだ。 写真の中のベクイガン、ソンジャインは暗闇の視角,室内で二人きりで向かい合っている。 どんな理由であろうが,ソン·ジャインを眺めるペク·イガンの目つきがしっかりしている。 松子も日に当たる表情と目つきをしている。 何より,白二江がソン·ジャインの腕をつかまえるように荒っぽく握っていて,好奇心を刺激する。

押隚て取り戻すが、、お互いを向けた切実な思いに苦しんでする二人だ。 そのような二人が,これほど尋常でない雰囲気で向き合った理由は何だろうか。 ペクイガンは何のためにソンジャインに冷たい目つきと行動を見せるのだろうか。 "ただの"という言葉のように,あえて理由を説明しなくてもお互いに惹かれた二人なので,視聴者全員が彼らの心を知るにはその場面がさらに知りたくて,一方では嘆かわしい。

これと関連'緑豆の花製作陣は"19~20回ではベクイベストとであるソン・ジャイン二人に非常に衝撃的な状況が繰り広げられる。 いらだたしい気持ちをとれない二人に一体何のことが行われているのか、チョジョンソクとハンイェリ二人の俳優はこれをどう描くか、多くの関心お願いする"と伝えた。

一方、'緑豆の花は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。 19~20回は、今日(25日)土曜日の夜10時に放送される。
popnews@heraldcorp.com

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5528-d9f8701c
該当の記事は見つかりませんでした。