FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

"緑豆の花"のチョ·ジョンソク,悪役から義兵·ロマンスまで…もう一度の人生キャラクターを更新

緑豆の花12話記事3

'緑豆の花'に出演中の俳優チョ·ジョンソクが毎回,幅広い演技のスペクトラムに'ペクイガン'の敍事を完璧に具現し,再び人生のキャラクターを誕生させた。

SBS金土ドラマ'緑豆の花'は125年前この地を生きていた人たちの話を盛り込んだ民衆歴史ドラマとして、1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーにチョジョンソクは別動隊長'ペクイガン'役を演じ、完璧な方言駆使と強烈な演技に毎回視聴者らの目をひきつけている。

チョ·ジョンソクはキャラクターの変化を深く描くドラマ"緑豆の花"でキャラクターの心理変化を繊細に描きながらも説得力をもって描きながら劇の没入度をさらに高めている。

'緑豆の花の初放送で毒蛇のような姿の通引として登場したチョ·ジョンソクは,チェ·ムソン(チョン·ボンジュン)との対立シーンで名前が何かと聞くチェ·ムソンに"コシギ"と答え,殺伐とした雰囲気をつくるなどあらゆる悪行を演じる悪役の姿を強烈な目つきと憚らない演技で表現し,チョ·ジョンソクならではの悪役のキャラクターを作りながら存在感を示した

しかし,チョ·ジョンソクは,コブに民乱が起きた時,民衆に捕まったチョ·ジョンソクの右手に刀を差し込んでチェ·ムソンが叫んだ"コシギは死んだ"という言葉に"コシギ"と"ペクイガン"の間で内的葛藤を経て次第に変化していった。 この過程で,チョ·ジョンソクはキャラクターの内的葛藤変化を安定的な演技力を基に,ぺクイガンで完璧にしみこみ,視聴者にペクイガンの心理をそのまま伝えた。
そのように内的葛藤を経験したチョ·ジョンソクは,コシギの生の代わりにペクイガンの人生を選択して東学農民軍の義兵になり,東学軍の中で旗と竹やりを持って歓呼する姿で重厚な感動を伝えたのはもちろん,竹やり,短剣などを手に持って戦うアクション演技でカリスマにあふれる姿まで見せながら,彼の幅広い演技のスペクトラムを立証した。

それだけでなく,チョ·ジョンソクは"そこ"時代から彼のことを黙々と応援してきたハン·イェリ(ソン·ジャイン)との切ないロマンスを描きながら視聴者の視線を集中させた。

特に,チョ·ジョンソクは黄土峴の戦闘で擦れるように過ぎ去ったハン·イェリとの短い再会の中で見せた切なさと懐かしさが込められた眼差しだけで,ハン·イェリとのロマンス敍事を完成させ,先週の放送で描かれたチョ·ジョンソク氏の告白シーンは,見る人に緊張感とともに胸が一杯になる強い余韻を残した。

このように,チョ·ジョンソクは幅広い演技スペクトラムで過去の罪を償い,新しい世界を開くために蜂起した東学農民軍別動隊長ペク·イガンの悪人ではない悪人"コシギ"の姿から東学農民軍義兵"ペクイガン"の姿はもちろん,切なくて哀切なロマンス演技まで説得力があり,蓋然性をもって解決しており,これから展開される劇の中でまたどのような姿で視聴者を魅了するか期待を集めている。

一方、チョジョンソクの繊細で強烈な演技に没入度を高めているSBS金土ドラマ'緑豆の花'は毎週金、土曜午後10時に放送される。
http://hei.hankyung.com/hub01/201906058425I

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5567-3e1a5402
該当の記事は見つかりませんでした。