FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」25-26話③

★チェ·ムソン,悩むパク·ギュヨンに温かいアドバイス

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337598

チェ·ムソン(チョン·ボンジュン)は,パク·ギュヨン(ファン·ミョンシム)に"恐怖に立ち向かうのが方法"と温かい助言をする。


★"ぺクイヒョンに戻りたい"ユン・シユン、パクギュヨン向けた心♥


ユン·シユン(ペク·イヒョン)は,自分に別れを告げて振り返るパク·ギュヨン(ファンミョンシム)を捕らえてペクイヒョンに戻りたいと本音を言う。 まもなく二人は抱擁して愛を誓う。


★イ·キチャン,本格的な"朝鮮介入"の作戦を指示

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337600

イキチャン(武田陽介)は自分の上司にチェ·ムソン(チョン·ボンジュン)に断られたことを話しながら,これから軍隊に直接出なければならないという。


★[手汗エンディング]チョジョンソク、銃の前でも守った書状(ft.、興宣大院君登場)


チョ·ジョンソク(ペクイガン)は,"銃を突きつけ,書状を出せ"という言葉に最後まで出さず,チョングックァン(興宣大院君)は,"チェ·ムソン(チョン·ボンジュン)が良い使いを選んだ"と言う。


★"緑桃の花"チョジョンソク,興宣大院君に会った

緑豆の花13話記事7


ペク·イガン(チョ·ジョンソク)が,チョン·ボンジュン(チェ·ムソン)から漢陽に行って,興宣大院君に会って来いという要請によって,別動隊のヘスン(アン·ギルガン)とポドゥリ(ノ・ヘンハ)と一緒に道を進んだことで始まった。 その後,彼らは変装を強行した後,漢陽に辛うじて入ることができた。

一方,ペク·イヒョン(ユン·シユン)はファン·ソクチュ(チェ·ウォンヨン)を訪ねては執綱所の改革に協力してほしいと要請して断られたが,両班(ヤンバン)たちが見ている前で"ユウォリの奴婢文書"を燃やしながら改革への意志を明らかにした。 さらに,チョンボンジュンを訪ねてきた日本人の間で親交のあった武田陽介(イキチャン)をしては,日本の行動を疑わしく思った。 そして,"ファンミョンシム(パク·ギュヨン)に会った彼は,彼女のおかげでこれまで道を失わずにこれまで耐えてきた"と打ち明けた。

そうかと思えば,ソン·ジャイン(ハン·イェリ)は医官を備えたまま,道を出ようとする父親のソン·ボンギル(パク・ジイル)を全身で止めながら反対した。 すると彼女は,キム·ガ(パク·ジファン)が持ってきた村田銃を見て,"イヒョンが銃の所有者であることを言及し,彼を驚かせた。 しばらく後,イ·ガン考えに耽っていた彼女はチェ·ドクギ(キム·サンホ)から"怯えず,自分らしく行動せよ"という言葉に漢陽に行くことを決心した。

画面が変わり,漢陽に到着したイガンは,清の軍隊が女児に暴行を加えた後,殺害するのを見ても知らん振りをして,結局,うっ憤をぶちまけた。 その後,パク·ドンジン(パク·ソングン)についていった彼は,渡し船の上でチョン·ボンジュンの手紙を要求して銃を突きつけるや,すべてをあきらめようとしたが,その時,船をこいでいた士工が自分を"イハウン(チョングックァン)"と明らかにすると,イガンはびっくりしてひざまずいた。

チョンヒョンミン作家とシン・ギョンス監督の'緑豆の花'は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーに毎週金、土曜日の夜10時に放送される。 27、28回は6月8日土曜日の夜10時に公開される。

http://sports.donga.com/3/all/20190608/95893959/1?adtbrdg=e#_adtReady

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5580-7275153e
該当の記事は見つかりませんでした。