FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」35-36話予告 イガン父子の再会

[6月22日予告]チョジョンソク、これ以上退く場所のない苦しみ



★チョ・ジョンソクvsパク・ヒョックォン父子の再会、打って変わった関係に注目
緑豆の花18話記事1

"緑豆の花"のチョ·ジョンソクとパク・ヒョックォンの父子が再会する。

兄のペク·イガン(チョ·ジョンソク)と弟のイ·イヒョン(ユン·シユン)。 どんな兄弟よりお互い切なかった二人は、これからは全く違う道を歩むことになった。 このように兄弟の運命を分けたのは,逆説的にも彼らの父親ぺク・マンドゥク(パク・ヒョックォン)だ。

6月21日に放送された'緑豆の花'33~34回でペクイガンはは弟ベクイヒョンがトッチェビ(鬼)ということを隠したという理由で、東学を罷免され、故郷のコブに戻った。 しかし,帰ってきた故郷はペクイガンの期待とは違った。 執綱になって,コブの改革を推進していた弟のペクイヒョンは,殺人者になって消え,母親のユウォル(ソ·ヨンヒ)一人で両班(ヤンバン)の抑圧と向き合い,改革の道を歩んでいた。 ペクイガンとしては,考えと心が複雑にならざるを得ない状況だ。

このような中、6月22日'ノクドゥコッ'製作陣が35~36回本放送を控えて久しぶりに再び顔を合わせたぺク・マンドゥク、ぺク・イガン親子の姿を公開して耳目を集中させている。

かつてぺク・マンドゥク、は,自分の利権を守るために,息子のペク·イガンにあらゆる悪事を強要した。 殺人を勧めたほどだ。 当時、ペクイガンは母ユウォルを守るため、ぺク・マンドゥクの強要をすべて受け入れた。 しかし,今は違う。 ペクイガンは東学農民軍として数多くの戦闘に参加し,全ての人が平等な世の中を夢見るようになった。 これ以上父の強要を受け入れる理由がないのだ。

写真の中のぺク・マンドゥクとペクイガンの表情だけを見ても,彼らの変わった関係が分かる。 これと共に,いったいぺク・マンドゥクは,久しぶりに会った息子のペク·イガンに,またどんな話にもならない話を持ち出したのか,どんな醜い行動をしたのか,ペクイガンがこれにどのように対応するのか,好奇心を刺激する。

これと関連して'緑豆の花'製作陣は"ベクマンドゥク、ペクイガン、ベクイヒョン三人父子は125年前この地を生きたそれぞれ異なる階層の人たちを象徴する。 "ベクマンドゥク"は,権力に頼った既得権層,ペクイガンは挫折に立ち向かって立ち上がった民衆を,ペクイヒョンは改革を夢見て,数多くの混乱と向き合っているエリート階層を象徴している。 そして,彼らの変化との関係は,激変する朝鮮の状況を赤裸々に見せてくれる。 二人の再会が何を意味するのか、彼らがどのような対話を交わしてどのような運命を歩むことになるか多くの関心お願いする"と伝えた。

一方、回を重ねるたびに息詰まる、打ち込む度合いや重いメッセージを駆使し、好評を得ているSBS金土ドラマ'緑豆の花'35~36回は、今日(22日)土曜日の夜10時に放送される。
http://sports.donga.com/3/all/20190622/96133392/1

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5644-6e105b16
該当の記事は見つかりませんでした。