FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」チョ・ジョンソク、ユン・シユン再会、色々な意味で胸が痺れる

緑豆の花19話記事3

"緑豆の花"のチョ·ジョンソクとユン·シユン兄弟が再会する。

SBS金土ドラマ'緑豆の花'(脚本チョンヒョンミン、演出シン・ギョンスキムスンホ)は1894年、東学農民革命の渦の中でお互いに違う道をかけなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。

ペク·イガン(チョ·ジョンソク)とペク·イヒョン(ユン·シユン)は"緑豆の花"を中心とする。 彼らは,"父親は同じだが,母親は違う"という理由で,異なる人生を生きてきた。 二人兄弟の兄,ペク·イガンは"コシギ"と呼ばれ悪人で,本妻の実子である弟,ペク·イヒョンは日本への留学まで行ってきた泥上の蓮の花のような少年として育った。 しかし,誰よりも互いを大切にする兄弟愛だけは,身分の束縛を乗り越え,誰よりも切実で強力だった。

そのような兄弟が時代の苦痛に包まれ,農民軍と討伐隊に分かれて戦った。 兄のペク·イガンは,悪鬼になっていく弟,ペク·イヒョンをいじめ捕獲した。 そうして兄弟は"改革"という同じ道を歩むように見えた。 しかし,再び残酷な時代の挫折が押し寄せ,兄は朝鮮の地で日本を追い出そうとする義兵になった。 一方,弟は改革のために自ら日本の隣に立った。 再び大極点に立たされた兄弟の運命に,お茶の間劇場の関心が集まっている。

28日'緑豆の花製作陣は37~38回本放送を控えて遠い道を回って再会したベクイベスト-ベクイヒョン兄弟の姿を写真で先行公開した。 お互いの切ない目つきの代わりに,どこか本音を隠したような兄弟の姿が,苦々しさとともに切ない気持ちを呼び起こす。

公開された写真の中のペク·イガンとペク·イヒョン兄弟は,同じ空間で向かい合っている。 ペク·イガンは,何となく冷たくなった目つきで,腕組みをしたままペク·イヒョンを眺めている。 ペクイガンの前には,まげを切り,西洋式の服装をした弟,ペク·イヒョンが立っている。 また、他の写真では、2人が並んでどこかに向かって歩いている。

何よりも兄弟がどのように再会したのか,疑問を残す。 ペク·イヒョンは現在,兄のペク·イガンが自分のために東学から罷免されたと聞いている状況。 お互いに秘密を抱いて向かい合った兄弟がどのような対話を交わしたのか,彼らがどのような心で向かい合ったのか,彼らが一緒に向かう所はどこなのか,知りたがる。 また,会う度に"お茶の間劇場を切ない思いで染めた兄弟の運命"がまたどのように吹き荒れるのだろうか。

緑豆の花製作陣は"ペクイガン-ベクイヒョン兄弟が以前と180度違う姿、他の状況で再会する。 同じく新しい世界を夢見たが,まったく違う道,他の方法を選んだ兄弟の再会場面は,様々な意味で胸が痛むだろう。 もちろん,これを演技したチョ·ジョンソクとユン·シユンはいつもそうであるように,今回も強い熱演を繰り広げる。 視聴者皆様の関心と期待をお願いしたい"と伝えた。

ベクイベスト-ベクイヒョン兄弟の再会とともにさらに波瀾万丈になる'緑豆の花37~38回は28日金曜日の夜10時に放送される。
https://entertain.naver.com/read?oid=416&aid=0000245526

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5674-1eb469a0
該当の記事は見つかりませんでした。