FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

誰も巻き込まれない! チョ·ジョンソクの疾走

昨年,歌手のコミと結婚した後,何だか事がさらに順調に進んでいるようだ。 最近,ドラマ'緑豆の花'と映画'EXIT'で,ドラマに続きスクリーンまで平定した演技の達人,チョ·ジョンソクの話だ。

EXIT記事58

大韓民国で'チャンネ私はコミック演技の代表走者'で一番に挙げられるチョ・ジョンソク(39)この映画'EXIT'でその名声に釘を刺した。 この映画で彼は大学時代,山岳部の"エース"だったが,卒業後,青年失業者として生きていく主人公"ヨンナム"役を演じ,笑い,涙,鼻水が噴き上がる超絶頂の演技を披露する。 チャンネだけ比較すれば、映画'建築学概論'(2012)で彼が演技した'ナプトゥクイ'キャラクターやドラマ'嫉妬の化身'(2016)の'イファシン'キャラクターはあっちへ行けだ。

劇中でヨンナムはお母さんの古希祝いまで入社するという夢をかなえられずに、パーティーに行って宴会場職員で、就職に成功した山岳部の後輩ウィジュ(イムユナ)に会う。 しかし、お互いに安否を確認する余裕もなく有毒ガスが都心全体を覆う災難に直面した2人は、危機に直面した家族と市民らを救い、自分たちも生き残るために休む間もなく上がって走ったことを繰り返す。 いくら映画とはいえ,あんなに倒れてしまうとどうしようもないほど,疲れることも知らずに一生懸命。 その姿が,まるでお茶の間劇場とスクリーンを行き来しながら,休まず演技への情熱を燃やすチョ·ジョンソクの現在と似ている感じだった。

7月31日に封切りと同時にボックスオフィストップに上がった'EXITは"面白い"は口コミで観客動員にさらに拍車をかけ、8月19日現在、7百50万人の観客を動員した。 この映画のためにクライミングのシーンはもちろん,ワイヤーアクションとジャンプシーンまで代役をほとんど使わずに直接消化したチョ·ジョンソクに会った。

EXIT記事59

りんごの頭がこんなによく似合う中年の男性は珍しいでしょう。

この頭が楽ですから。 前髪が目を刺す時は,鉢巻きをしたり束ねたりしています(笑)。

--この映画を撮っていた時,歌手のコミさんとの結婚を発表したが,その後に生じた変化があれば...。

"大きな変化はありませんでした。 両家の両親と一緒に静かに式を挙げたためか,結婚したという感じがあまりしないんです。 プレゼントはもらいました。 ユナがきれいなグラスのペアをくれましたよ。コーヒーも、ウイスキーも飲むことができる透明な。

"結婚すれば演技生活に安定感が生じるという俳優もあり,繊細な感覚を維持するのに邪魔になるという人もいるんです。 チョ·ジョンソクさんはどちらですか。

私は安定感が生じました。 家庭の事情や個人の事情が複雑な時は現場で集中力が崩れる傾向がありました。 しかし,結婚してから安定的に生活できる面が多くなったためか,撮影する時集中がよくなって,演技に多くの役に立ちました。

映画のシナリオを見て一目ぼれしたと聞きました。 --特別な理由がありますか。

"ヨンナムが好きなファンとして,高空アクションに挑戦できる作品なので,魅力的に近づいてきたんです。 "実は,私が高所恐怖症で乗り物も苦手ですが,シナリオが本当に面白くて勇気を出すことができました。 そして、母が2008年に七旬の祝宴をなさって私の家もヨンナム家のように大家族という映画の中の話に同質感を感じるほどの地点が多かったです。

お母さんの古希の宴の際に茶目ちょっとしました。

前に出て歌とダンスもしました。 ヨンナムは失業者なので、母古希の宴でもじもじするが、当時私は公演をうまくやっていたために小遣いを取りそろえてあげました。

"高難度のアクションが多い作品だったので,準備過程が簡単ではなかったと思います。

元々運動が好きで地道にやる方だったが,映画撮影のために基礎体力をもっとしっかりしました。 ユナのようにクライミングも熱心に学びます。 特に,劇序盤に出る鉄棒のシーンのため,練習を本当にたくさんしました。 "監督がワン·テイクで撮って,ミスがあってはならないんです。 二日間、鉄棒のシーンを撮って本当に百回以上もその動作をしました。 現場でずっと筋肉をほぐして水分を補いながら。 そのお陰で鉄棒のシーンをすべて私が直接消化しました。

映画ネタバレ質問①←READ MOREに記載します

EXIT記事60


幼い時はどんな少年でしたか。

完全にいたずらっ子でした。 幼い時はテコンドー選手を夢見ました。 4歳の時からテゴンドを習いました。 テコンドー大会に出場して金メダルを取ったこともあるんです。 ところで小学校高学年になってからテコンドーがうんざりしました. その頃,学芸会に出て教会で盛劇をしながら,人々が見ている前で歌って踊ることを楽しむ自分自身の新しい面を発見しました。 そうしているうちに,こちらの仕事に自然に関心を持つようになりました。


映画やドラマではないミュージカルに先に足を踏み入れた理由は。

さて,アイデンティティーが確立される時期にギターにはまってギター演奏家になりたいと三浪しましたが,高校の時から私を長い間見守ってきた教会の伝道師から,"ジョンソク,演技をしてみたらどうか"と言われました。 教会で開く"文学の夜"の行事で,私が振り付けも絞って演出もし,演技もしながら上手だという称賛をいただきました。 "伝道師の言葉に勇気を得て演劇科を受験したが,すぐにつきました。 ヨンナムは大学で山岳部活に嵌っていましたが,実は私は身体訓練サークルで転がること,横転,後ろ転げなどを熱心にしました。 "役者は体をうまく使い,うまくコントロールできなければならないという考えから" そのクラブで夜はミュージカルの練習をしました。 そうしているうちに自然にミュージカルに魅了されました。


"撮影のない時は主に何をしながら時間を過ごしますか。

私が完全"家財道具"です。 "作品に入ると,休む暇がないので,せっかく休みの日になると,家でごろごろします。 でももし何ヶ月も休める余裕が与えられたらあちこちうろつき回ると思います。 その間会っていない人々に会いながら。

料理も上手だと思う。

上手くはないし,人からいただいた料理をおいしく食べましょう(笑)。 特に義理の母料理です。 腕前がとてもいいです。


"コミさんとカラオケでよく歌う愛唱曲は何ですか。

妻とカラオケによく行く方ですが,愛唱曲はあの時と変わりました。 そして私が'緑豆の花を7ヵ月間撮影して、コミさんも全国ツアーを数ヵ月間通いて最近はお互いにお酒一杯を傾けたり、カラオケに行く時間もなかったです。 'EXIT'を撮って新婚旅行に行ってすぐに'緑豆の花'撮影に入るため、1年以上取れなかったんです。


夫婦の間がもっと切なくなったようですね。

いつも切ないですね。 ハハハ

本当に知りたかったんです。 コミさんのどんな面に魅了されました。

性格がとてもよくて惚れました。

"今回の映画で,の相手であり,疾走のパートナーだったイム·ユナさんと仲良く付き合う感じでした。 現場で一緒に送ったユンアさんにどんな感じを受けましたか。

私が元々少女時代のメンバーの中でもユナのファンです。 "ユナにクライミングの練習場で初めて会いました。 "その日,一緒に練習して,監督とみんなで一緒にお酒を飲んだんですが,とってもざっくばらんで,気さくてびっくりしました。 "ヒョリの民宿"という番組にユナが出演した際,舞台の外での姿が素朴だという印象は受けましたが,会ってみると期待以上でした。 それがすごく嬉しかったです。 "一緒に走るシーンでも,'相手が苦しくなれば,もう一度試してみよう'という言葉を出すのは気になるが,ユナはその提案をすべて受け入れ,ある時は私より熾烈に撮影に臨んで,良い刺激になりました。 ユナが賢くて鋭敏です。 演技のスキルを自分のものにできると思いました。 そんな面がとても驚きました。 "最初は,ユナが痩せて,ほっそりしていたので,うまく走りこらえるか心配していた監督も,後で'完全に最高'と褒め言葉を惜しまなかったんです。 踊ってて体がすごく素早いんですよ。


ヨンナムの両親役をしたパク・インファン,コ·ドゥシムさんはどんなアドバイスをしてくれたんですか。

助言よりはその間出演した作品に対する後日談をたくさん聞かせてくれました。 お話もどれだけ面白くなさるのかわかりません。 2人の先生とキム・ジヨン姉をはじめ、出演俳優たちが全部集まって食事をしている時間が最も楽しかったです。 本当にわいわい。和気あいあいの水準が半端なかったです。 "私は,映画にそのような雰囲気がそのまま漂っているのが何よりも満足です。

--映画のように災難に見舞われると,助っ人のような勇気を発揮しそうですね。

私は確かに建物と建物の間を飛び越える勇気はないと思います。 代わりに,今すぐ誰でも取り繕うのは無条件です。 家族でなくても。 そして,そのような状況に出会ったら,私も他の人を先にヘリコプターに乗せておくんです。

"これまで'コミック'の演技で深い印象を与えた作品が多く,このようなイメージを固めることを憂慮するファンもいる。

毎回新しい姿をお見せできるように努力するしかないと思います。 慣れ親しみを楽しむよりは私ができないと思い,私に浮かばないイメージにずっと挑戦して見ることが重要だと思います" それが俳優として私が背負わなければならない役目ではないかと思います。


--特に欲張りな役がありますか。

決めたことはありません。 キャラクターよりシナリオをもっと重視する方なので,キャラクターがいくら良くてもシナリオが面白くなければずっと悩んでいましたが,結局はやらないと思います。 ジャンルを問わずすべてやってみたいです。 一言で欲張りです(笑)。


欲張ってもよさそうです。 映画とドラマ,ミュージカルまで出回る'万能の秘密のキー'ではなかったでしょうか。

褒めすぎです。本当に欲張りなだけです。 これまで,スクリーンで多様なジャンルに挑戦し,ミュージカルと映画とドラマを行き来しながら演技活動をしてきたのは,使い道の多い俳優でありたいからです" どんな作品であれ,どんなキャラクターであれ,信じて任せられる,変奏がうまい俳優になりたいです。


役者が駄目だったら,今何をしているでしょうか。

平凡な会社員として暮らしているようです。 高校の時は平凡に生きるのが夢でした。 そんな夢を見るようになったことにはそれなりの理由があります。 当時、家庭の暮らし向きが足りず、父がチキン一匹やフランスパン一つを買って持ってきた平凡な家庭を頭の中でそしてしました。 その時は'平凡'を一番大きな幸せだと思ったんです。


"今は,人生の羅針盤のような座右の銘は何ですか。

元々私の座右の銘が"後悔しないように"です。 ところで40代になって結婚もしてみてから解ったことは'30代が懐かしくないといいなあ'するんです。 私が今送る時間に後悔が残らないように,また過ごしてきた時間が懐かしくないようにうまく生きてみます(笑)。


10年後の自画像を思い浮かんだら、です。

その時は数え年で50歳ですね。 50歳のチョジョンソクは依然として活気にあふれ、情熱が燃えあがる人なら良いです。 狸の皮算用ではなく,俳優として花盛りでありますように。


--次期作が決まったんですか。

シン·ウォンホPDとイ·ウジョン作家がコンビを組む"賢い医師生活"というドラマに出演することにしました。 映画の広報活動を終えればちょっと休んでその作品準備に入る計画です。


ミュージカル舞台で活動していた時代から一緒にしてきたファンクラブ"ミュージカルナンバーワンチョ・ジョンソク"が撮影のたびにお茶やコーヒー車を送ってくれると聞きました。 ファンは,チョ·ジョンソクさんが再び舞台に立つことを待っているようです。

ファンクラブの会員の中には私が公演する時からファンの方もありますが,その後,私をよく見て応援してくれる方たちも多いです。 お一人様にとてもありがたいです。 私もまた舞台に立ちたいです。 今は歌うところもなく,接触する作品もないが,遅くとも後年までは必ず復帰するんです。

EDITORキム·ジヨン記者2019.08.29
http://woman.donga.com/3/all/12/1829674/1

ネタバレ質問①
--映画の中では恋に"奥手"ですが,実際はどうですか。

映画でウィジュがヨンナムにカラビナ(岩壁登攀道具)をあげながら"重いから後でくれ"と言った時,その内心を数え切れず"何が重いか"と言うとき,演技をしながらもどかしさを感じて死ぬかと思いました。 気遣いがあまりなくて。 ハハハ。私はそんなサツマイモ(もどかしい)スタイルではないようです。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/5964-678f034f
該当の記事は見つかりませんでした。