FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'賢い医師生活'#人#友情#家族#思い出#慰し キーワード'5'

応答せよシリーズ
特に1988では
ホントによく笑って、よく泣かされました(´;ω;`)

ishi1-53.jpg

初放送から全世帯の共感を得て、話題の中心にあるtvN 2020木曜スペシャル'賢明な医師生活'(脚本イ・ウジョン、演出シン・ウォンホ、企画tvN、製作エッグ伊豆あえて)が早くから人生のドラマを予告している。 初回から視聴者たちの心をとらえたシン・ウォンホ監督とイ・ウジョン作家の共感キーワードを探った。

結局 #人の暮らす話

作品ごとに温かい人たちの話を描いてきたシン・ウォンホ監督とイ・ウジョン作家。 '賢明な医師生活'も平凡な人たちのささやかな日常を通じて多様な人々の喜怒哀楽を描いた作品だ。 私たちの周辺、平凡な人々の姿を通じて共感を刺激した'応答せよ'シリーズと平凡さと距離があったように見えるが、詳しく見れば、彼らも我々と同様に平凡な人だと言う'賢い監房生活'まで。 シン・ウォンホ監督とイ・ウジョン作家の作品には人を向けた温かい視線が感じられる。 この1話では病院が背景だが、結局、その中で住んでいる人たちの話を描いて、'賢明な医師生活'も一緒に泣いて笑って相槌を打って見られる作品になるものと期待を集めた。

人生40年目、20年の友達の現実#友情

シン・ウォンホ監督とイ・ウジョン作家の作品に欠かさず登場しているキーワードの一つは'友情'だ。 '応答せよ'シリーズが高等学校、下宿生、路地友達など10-20代の友情を描いて'賢明なガムパン生活'が部屋の人たちの話を描いたとしたら、'賢明な医師生活'は人生40年目に入った20年の友達の本当の友情を扱った。 20年来の5人の友達の話に、いずれも医師という職業設定が加わり、しっかりした共同体が作られた。 人生の半分を別々に、また一緒に歩んできた五友達だから可能な日常の些細な話のような職業人として感じる様々な感情がピークを豊かにし、共感を倍加させる。

欠かせない私たち皆の#家族

'応答せよ1997'と'応答せよ1994'では一家族を中心に、'応答せよ1988'は一つの路地で賑やかに生きていく五家族に対する話を通じて、ぽかぽかした家族愛を見せてくれた。 '賢い監房生活'では服役者はもちろん刑務官家族たちの話まで幅広く扱い、全世帯の共感を誘った。 '賢明な医師生活'も1話を通じて公開されたジョンウォン(ユヨンソク)の独特な家族関係に続き、マザコンソクヒョン(キムデミョン)をはじめ医学部同期5人組の家族の話が登場する予定だ。 ここに20年の歳月を共に過ごしながらお互いの家族に対する境界が崩れた自然な姿が見る楽しさを増すものとみられる。

その時代、喜怒哀楽を共にした#思い出

'応答せよ'シリーズは視聴者の'思い出'を召喚し、忘れ去られていたアナログの感性を再度悟らせながら、話題を集めた。 '賢明な医師生活'も20年の友達の過去を通じて'我々にもそのような時代があった'、'あの時は本当に良かった'と思い出にしてその時代を生き抜いた人たちに小さいけれど大切な記憶を披露する予定だ。 この1話で医学部同期5人が演奏した復活の'Lonely Night'はその時代の感性をもう一度引き出しながら、共感を誘った。

一緒に笑って泣いて共感してもらう#慰し

シン・ウォンホ監督とイ・ウジョン作家はその時代の疲れと不安している世代を深く観察、辛い現実に重厚な響きとねぎらいを与えてきた。 "慰労というのは君の心と私の心が同じ時に実現した"と明らかにしたシン・ウォンホ監督の言葉のように'賢明な医師生活'を通じ、一緒に泣いたり、笑って、共感しながら慰められるべきものと期待される。

一方、'賢明な医師生活'は誰かは生まれて誰かは、生を終えた人生の縮小版と呼ばれる病院で平凡なように特別な一日一日を生きていく人たちとまなざしだけが見てもわかる20年来の友達たちの明美ストーリーを描いたドラマだ。 毎週木曜日の夜9時に放送され、来る19日(木)夜9時に2回が放送される。

https://star.mt.co.kr/stview.php?no=2020031809441133997

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/6469-ce603ae7
該当の記事は見つかりませんでした。