FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「観相」インタビュー記事①

メロドラマ!やってもらいましょう!

★チョ・ジョンソク"ナプトゥクこの札、いつかは落ちるでしょう" (インタビュー① )

観相記事16


[マイデイリー=キム·ミリ記者]俳優チョ・ジョンソクを大衆に刻印させたのは、映画 "建築学概論"である。若いスンミン(イ·ジェフン)のずうずうしい友達ナプトゥクこの役を演じ、 "忠武路(=映画業界)の発見'という評価を受けた。

以来、チョ・ジョンソクに付いて回る修飾語はナプトゥクであった。近衛隊長はウン・シギョン役を担って女心を揺さぶったし、民衆歌謡界チョ·ヨンピルファンヨウンミン役を引き受けて演技力を発散した。シンジュホ役を担ってアイユと演技呼吸を合わせて主演としての存在感を誇ることもしたが、大衆はまだ'ナプトゥクが病'を停止しなかった。

このような'ナプトゥクが病'中の観客の欲望を満たしてくれるだけの映画が登場した。まさに "冠状' (監督ハン·ジェリム)である。チョ・ジョンソクは、 '観相'のネギョン(ソン·ガンホ)の問題となる仲間ペンホン役を演じナプトゥクがを思い浮かべるだけの愉快ながらも人間のキャラクターを演じてた。しかし、そのせいでチョ・ジョンソクはまたナプトゥクこの修飾語を抱いて行くしかなくなった。

観相記事17


チョ・ジョンソク、"どんな役を演じてもナプトゥクこの札が追いつくようだ。いつかその札が外される日が来る今のところは映画が三編だからそうなのかナプトゥクがの印象を持ち続けて来ているようだが、寂しいか嫌いじゃない。空しさ、寂しさではなく、感謝の気持ちが大きい。ナプトゥクがが私を俳優として刻印させることができた貢献度が最も大きい人物であるため、むしろありがとう "と明らかにした。



続いて、 "私の仕事の選択が重要であると考えている。どのような作品に出会った時どのように解決克服するがカギだ。私が愚かかスマートでない場合は消耗している人物に映るのだが、そうでない倦まず弛まず捧げて努力している。いつかナプトゥクこれらの札をはずすことができるような自信もあるし、そうなるだろうと考えている"と付け加えた。



チョ・ジョンソクがナプトゥクに続いて愉快ながらも暖かい魅力を発散し、観客の心を盗む"観相'は朝鮮時代最高観相家の話を扱った作品だ。ソン·ガンホが観相家ネギョン役を引き受けたチョ・ジョンソクは、彼の義理の兄弟であり、劇の流れに重要な貢献をした人物ペンホン役を引き受けた。彼はネギョンの両面的な姿にひかれて出演を決心することになったと説明した。


チョ・ジョンソクは、"ペンホンは、どんな俳優が見ても俳優として貪欲になれる役だと思います。劇の内容は、真剣なのに、その真剣さを維持して解くことができる力を持ったキャラクターだ。中盤以降は、感情線が変化して、映画の中心的な人物なのでそのような問題的要素を見ている人に妥当性ように理解しなければならない。次第真剣な場面があるので、その二つの両面性を示すことができ、より良いではないかと思った。二面性の魅力をたくさん感じました。そのような点を見せるのに気を使った"と話した。

しかし、気になる点もなくはなかったという裏話だ。撮影序盤映画の流れを変える重要なシーンを撮影したもの。ここで映画初盤に登場するペンポンの姿とはまた他のペンポンの感情を表出していたせいで、チョ・ジョンソクには、さまざまな面で負担になるしかないはずだった。それにもチョ・ジョンソクは胸ジーンとしながらも訴える力あふれる演技でスクリーンを埋め出す。

観相記事18

チョ・ジョンソクは、"映画の作業が楽しいです。ベスト·オブ·ベストを作るために宝石用原石を見つけるような作業のようだ。俳優としては非常に良く、心が引き付けられる。もちろん、映画は監督の芸術であり、編集の芸術が、そのようなことを離れて俳優として新たな演技と斬新な演技を見せるのに、私と映画というジャンルがよく合うようだ"と話した。

チョ・ジョンソクは、 "観相"で初時代劇に挑戦した。そんなに多くないフィルモグラフィーで大衆の愛を受けて演技力を証明した彼は時代劇を越えて別の映画に対する熱意を表わした。

彼は"スリラー映画も欲が出る。したいことはメロドラマだ。"菊の花の香り"のようなそのようなメロドラマもしてみたい。弱々しくて切ないメロ"と伝えた。

観相記事19


チョ・ジョンソクの初めての史劇挑戦作であり、ナプトゥクに続き、ペンポンの魅力を発散する映画 "観相"は、王の座が危うい朝鮮、顔を将来を見据えた天才観相家が朝鮮の運命を変えようとして広がる話を描いた作品である。ソン·ガンホが観相家ネギョン、イ·ジョンジェが首陽大君、ペク·ユンシクがキム·ジョンソ、チョ・ジョンソクがネギョンの義理の兄弟ペンホン、イ·ジョンソクがネギョンの息子ジンヒョン、キム·ヘスが妓生ヨンホン役で出演した。来る11日封切り。
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201309091453591129&ext=na

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/654-f76d56be
該当の記事は見つかりませんでした。