FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「観相」インタビュー記事②

★"観相"チョ・ジョンソク、"ソン·ガンホの男?私がそんな人になったなんて..."(インタビュー)

観相記事20

[マイデイリー=キム·ミリ記者]イ·ビョンホン、シン·ハギュン、キム·サンギョン、ユ·ジテ、チョン·ウソン、カン·ドンウォン。大韓民国を代表するこのそうそうたる俳優らの間には一つの共通点がある。すぐに、国内外の映画関係者たちの絶賛を受ける俳優ソン·ガンホと一緒に呼吸を合わせた俳優という点である。

このように派手なリストの中に俳優チョ・ジョンソクも名を上げることになった。すぐに映画 "観相'(監督ハン·ジェリム)でソン·ガンホ(ネギョン)の義理の兄弟であり、劇の流れを変える人物ペンホン役を引き受けてソン·ガンホとやり取りしている相性は演技呼吸をお目見えすること。

チョ・ジョンソクは、 "演技の大家'ソン·ガンホと焼付きにも明確な存在感を発散して完璧な演技のアンサンブルを披露する。映画では'建築学概論'、'救国の鋼鉄隊"というただ二編のフィルモグラフィーを書い下がった俳優であることを考えると感心するに値する。ここにキム·ヘスさえ羨望する'ソン·ガンホの男 "ってチョ・ジョンソクは断言するが、祝福された、俳優だ。

チョ・ジョンソクは、"'ソン·ガンホの男"とおっしゃっくれたらそれは私の名誉である。大韓民国の俳優と女優一概にソン·ガンホ先輩とパートナーを成し遂げて演技したいのに私がそのような人になったので光栄で気持ちの良いこと "と明らかにした。

観相記事21


彼が覚えているソン·ガンホは、快適な先輩であり、徹底的な分析に基づいて、動物的な演技を披露する演技の代価だ。星のないセリフもソン·ガンホがすると震えや呼吸、人物の感情などが加わって、他の人は真似できないほど完全に表現された。

チョ・ジョンソクは、"ソン·ガンホ先輩が本当に楽にしてくれた。大先輩だから厳しいのは当然である。最初の出会いも覚えている。震えたりして緊張もたくさんした。最初の出会いもそうだったが、最初の撮影の時はさぞかし大変でしたでしょうが、私の言葉だけで一度笑うものも二度笑っていただいて本当に快適にくれた。おかげで楽しく撮影することができた。とても感謝する "と感謝の気持ちを伝えた。

また、"演技的な部分を学んだ。ソン·ガンホ先輩は動物的な感覚で演技する。それにもかかわらず、徹底した計算と分析が演技にしたという点で非常に大きい。内面を言葉で表現されていないほどだ。一緒に演技をした者として、体感温度がより大きかったようだ。一度は先輩がどのようなせりふをしたが 'どのようにあのようにして"という考えの中に従った。とてもその感じが出てこないよ。どのように演技をするかとても不思議だった"と回想した。

このようなソン·ガンホと負けていない、むしろ自己をより引き立てる相乗効果を出したチョ・ジョンソクもソン·ガンホが評したように "生まれつきの演技者"であることに間違いない。実際のマスコミ試写会で映画が公開された後、少なからぬ人々がチョ・ジョンソクとソン·ガンホの演技のアンサンブルに親指を立てた。

チョ・ジョンソクは、"その言葉よりも加えた絶賛のだろうかと思われるほどだ。韓国最高の俳優であるが、その俳優に押されずに次ぐアンサンブルを見せてくれたのは個人的に感じるの最も絶賛ではないかと思う"と話した。

観相記事22
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201309091455171128&ext=na

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/655-9f8aa4bc
該当の記事は見つかりませんでした。