FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

【インタビュー③】チョ・ジョンソク"一番好きなキャラクター=イ・イクジュン。魅力にはまって、成長した"

チョ・ジョンソクは'賢明な医師生活'を通じて初の医師キャラクターに挑戦し、新しい場を開いたという評価を受けた。 特に'人生キャラクター'を更新したという評価も受けて。 彼は"医師の役割を準備しながら病院を訪れ、外来診療を見る教授たちの姿を見て諮問を求めたりもして肝臓移植手術に直接参観したりもした。 このような経験が撮影をしながら大きな助けとなった。 ところが特に私が重点を置いた部分は医師という役割自体に集中することより'イイクジュンをある医師で表現すべきか'だったようだ。 同じ医師という職業の中でも'優しく慰めてくれる医師'、'率直に直言する医師'など、さまざまなスタイルがあるはずですが、私はイクジュンという医師が人の臭いがたくさん出る医師で見せて欲しいと思っていてその部分を大いに悩んだ"、イイクジュンを作り出すために、悩んだ部分を告白した。

その後、本人が考えるイイクジュンについては"イイクジュンという人物は人の匂いがプンプンは人間的な人だと思ったし、またそう表現したかった。 また、表現できる範囲が広いキャラクターだったため、俳優として想像力とアイデアを多様に試みて見ることができたようだ。 一つ面白い話をするとイクジュンはユルジェ病院を導くほどで手術が多くの役割だが、事実の手術シーンは多くなかった。 (笑)だからどうしたらもっと面白く、また'イクジュン深く'表現することができるだろうか、多く思ったようだ(笑)"と話した。

ishi12-43.jpg

コミックと真剣さを自由に行き来する演技も絶品だった。 チョ・ジョンソクは"いい評価をしてくれる部分において恥ずかしくて恥ずかしい部分もある"、"このすべてのボールは作家さんと監督に回したい。 イイクジュンを誕生させてくれたのは、作家さんで、私が演技するイクジュンが多くの方々に愛されることができるように見せたのは監督の演出のおかげだ。 そして私がいつも作品をするたび行ってるんだけど私は私の体が私が自分の役割を人に伝達する'媒介体'と思う。 私が持っている長所を活かして私が演技する人物を表現するため、いつも努力しており、今回の作品でもイクジュンの多様な姿を'どうすれば私を活用してよく表現できるか'毎回苦悩したようだ"と明らかにした。

ここに加えて"チョ・ジョンソクではなくイイクジュンを想像し難い"は好評を受けた彼だ。 チョ・ジョンソクは"たくさんの愛を受けているのは本当にとても有難くて幸せなことではあるようだ。 でも実は私は撮影がないときはなるべく'집돌이(チプドリ=外出をあまりせず、 自宅に引きこもっている人)'をし、大半の時間を家で過ごす'チプドリ'なので人気を実感できる時間は多くなかった。 それでもちょっと実感することができたときは、友達の連絡を受けた時のようですが、このに特に友達から多くの連絡を受けたりもし、また、この前には私がドラマや映画が始まる時に面白くして見てほしいと先に連絡をするが、今回'賢い医師生活'は先に話すの前にすでに見ていると言っていた"と述べ、周辺の人気も実感したことを明らかにした。

この人気のおかげなのか、記憶に残るコメントと反応も多かった、という説明。 チョジョンソクは"今回の作品をしながらはモニタリングを少しずつした。 記憶に残るコメントは'イクジュンがチョジョンソクを演技しているようだ'という書き込みが記憶に残る。 これはどこに行けば私をイクジュン教授様と呼んだ。 (笑)"、"周りの反応も熱かった。 'この程度にお前のサインを頼まれたことがないようだ'は連絡をたくさん受けていて、ドラマを面白く見ているという連絡もたくさん受けた"と話した。

そのためにチョ・ジョンソクの'最愛のキャラクター'もやはりイイクジュンだ。 チョ・ジョンソクは"私は私が演技する'イイクジュン'キャラクターがとても魅力のあるいいし素敵だから私の最愛はいつもイクジュンだ"と述べ、毎回コミックな場面を作り出すための圧迫感についても"コメディーは笑わせなければならないという負担感があれば絶対笑わせないようである。 私の感情に対する確信を持って演技をしなければならないようにコメディーまた、笑わせなければならないという負担感より私だけの確信がいなければならないようだ。 毎回お茶、毎シーンごとにどのようにすればもっと面白く表現することができるだろうかいつも悩みをたくさんしてたし、そんなに小さい場面一つにも悩みを加えながらイイクジュンキャラクターを作って行ったようだ。 また、イイクジュンそのものが設定があまりにも完璧だった。 イクジュンは悲しいのに急に歌ができるだろうし、また、歌をして泣くときもあるようでそのような表現の幅があまりにも広い、また私が想像する全てのものを盛り込むことのできるキャラクターなので、さらにおもしろくに見せることができたようだ"、自分だけのノウハウを伝えた。

'建築学概論'から'EXIT'、'賢い医師生活'に至るまでコミックな作品で強みを見せてくれたチョ・ジョンソクは自分のイメージが定着しかと心配しないと。 彼は"イメージが固めてなるか心配したり、注意を感じたことはなかったようだ。 何でも負担感や心配がリードすることになるとまともにキャラクターを表現することができないと思うためにそんな考えはしないようにしている。 '私の前作品がこうしたから'、'私がこのようなキャラクターをしてきたから'という考えはしない。 ただ前作品とよく似たようなキャラクターは避けようとする方"とし、"新しい作品を開始する時にその中に深くはまるために努力するだけで、その結果が蓄積され、どのように描かれるかは分からないが、何か先に負担を感じたりの悩み事を武器としない"と明らかにした。

人生のキャラクターを更新したチョ・ジョンソクは今後どのような修飾語を持ちたいことはないという説明。 彼は"以前は信じて見る俳優、鋭敏な俳優などの修飾語を聞きたかったようだ。 でも今はどのような修飾語を持って行きたくはないようだ。 今回の作品でイクジュンを演技して悟った部分なんだけど私にとってどの部分でも様々な可能性を開いておきたい何か限定したくない"と明らかにし、期待感を高めた。

出る場面における私のロールと目的を分析してそれを表現するために努力してきた。 同様にイクジュンという人物も熱心に分析してそれを表現してもらうために、たくさん努力しただけだが、多くの方々がとても大きな愛をくれた。 最近はチョジョンソクよりイクジュンともっとたくさん呼ばれるようだが、ただとてもありがたいばかりだ"と"イクジュンというキャラクターを演じながら、この友達に魅力にすっかりはまるようになっており、俳優チョジョンソクもイクジュンを通じてもっと成長しなかったという気がする。 多様な魅力を持ったイクジュンを表現したため、普段よりもっと広い範囲で様々な試みをして見ることができたようだ"と明らかにした。

また、"そして、賢い医師生活は本当に良い人たちと一緒にしたというのが最も大きな意味のようだ。 一緒に言って親密感が厚くなってそれによって互いに対する信頼感が徐々に高くなり、結果的に多くの方々の愛を受けられるのではないだろうかと想像する。 さまざまな意味で今回の作品は私にもう一つの新たな経験だった"感想を残した。
https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202005300100265540018740&servicedate=20200529

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/6766-6872aa2c
該当の記事は見つかりませんでした。