FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「観相」ポスターBカット+制作記 

★「観相」ポスターBカット+制作記 

我々は、一枚のポスターに映画を満たしているか、見た映画を思い出す。ティーザー映像、アプリ、SNSやこれを含めてすべてのオフラインイベントなど、映画の技術と同様に広報ツールも日々進歩しているがやはり映画の顔はポスターだ。そのポスターをじっと覗き見ることは映画を見るのと同じくらいドキドキ遊びであることだろう。映画を見ることと同じくらいエキサイティングなポスターの読み取りを開始します。最初の話は、映画<観相>のポスター制作記です。



<観相>のポスターを製作した "光るポスター"のバクシヨウン室長は、これまで<相棒>、<追撃者>、<下女>、<マザー>、<お金の味>、<密かに偉大な>などの作業ベテランだ。いつもポスターは、映画公開よりも先に完成していなければならない。見ていない映画を表現しなければならない作業は、想像力と長い会議が必要である。
(中略)

観相記事91


長い論議の末に結論を出したコンセプトは"人の顔をまともに見せてやろう。"だった。撮影現場では通常人物写真撮影時に使う照明ではなく、複雑な映画の照明を設置した。した人物の照明を設定するためだけに数時間かかった。眉一つ、しわ一つを実際に絵を描くように一本一本計算して照明を準備した。画像補正をしても基本的に持っている写真の力を最大限に引き出したいと思った。また、昔の肖像画のような印象を与えるために人物背部三倍の布で仕上げたという。

観相記事92


また俳優たちと時間をかけて撮影のコンセプトを話した。いよいよ撮影開始。映画の撮影ではないので目を部ラリは、オーディオ監督はなかったが、すべてが異常なほど静かだった。撮影現場は、唾液を飲み込む音も注意するほど緊張感が張りつめた。さらに驚くべきことは、俳優たちの表情を演出だった。それは物理的に言うと、1mm単位の動きだったが、そのたびに驚くべきドラマが俳優たちの顔の上に走った。現場スタッフらの話によると、撮影中、ファインダーを見ただけで全身に鳥肌が出るすばらしい経験だったという。

さらに撮影と撮影の間に俳優が座っていた席に入って見たスタッフは舌を巻いた。様々な複雑な照明を使って見ると俳優たちが座っている席は、まさにスチームよりも暑かった。特にキム·ヘスとイ·ジョンジェの衣装は、他の人よりも暑かったのでしょうが不平を言った一言なしに、自分が準備してき微細な表情演出のディテールを長時間逃さなかった。やはり大俳優という賛辞があちこちであふれた。

ポスターは、実際にメディアに公開されていないいくつかのバージョンがあった。既存の公開された公式ポスターに比べて、より普及したコンセプトだった。以下は、最初に公開されている<観相>ポスターのBカットだ。

観相記事93


観相記事94


http://magazine.movie.daum.net/w/magazine/film/detail.daum?thecutId=6355

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/703-1815f4c9
該当の記事は見つかりませんでした。