FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

"観相"900万突破はチョ・ジョンソクがいたからこそ可能だった

10月22日の観客数は4,070人

累積観客数は910万6,169人です!

1日の売上シェアは6位をキープ


久しぶりにジョンソク絡みの記事が!

★キム・ドンヒョク作家""観相"900万チョ・ジョンソクで可能だった"(インタビュー)

[ニュースエン 文イ・ソダム記者/写真ジャンギョンホ記者]

"チョ・ジョンソクいたので、"観相'900万可能だった。"

映画 "観相'(監督ハン·ジェリム/制作ジュピターフィルム)が910万観客を突破して長期興行を続けている。 900万映画 "観相"が誕生したデエヌンギムドンヒョク作家の血の膿に絞ったシナリオがあったから。

キム・ドンヒョク作家は"私が書いた作品だが、"観相'が900万観客を突破するだろうとは想像もできなかった"とし"それでも韓国人が好きなのだから、うまくやれば500万人突破は可能だろうと考えた "と謙虚さを現わした。

"観相'は去る2010年映画振興委員会の韓国映画シナリオマーケット韓国シナリオ公募展大賞を受賞した作品。映画化前のシナリオで注目を浴びた"観相"を書いたこれは他でもないキム・ドンヒョク作家だ。

別名ハリウッドキッドのアメリカ映画を見て幼少時代を過ごしたキム・ドンヒョク作家はその時から様々なストーリーを構想し、作家と監督の夢を育てた。彼はフランスのパリ8大学で映画の勉強をしたが、ハリウッド映画を軽薄に見ない映画が付いている娯楽の機能も重視した。そうした900万人の観客を憑かれた'観相'が光を見ることができる。

"人の顔に関心が多かった。顔は魂が出てくる洞窟と思う。心が外に表れる部分ではないか。それを考えてそれなりの統計を作った暇つぶしに相手の人相を見たりした。顔が入っている不思議な運命と情報への関心が'観相'を使うようになったきっかけになった。"


"観相"のシナリオをより豊かにしてくれたのは、観相を描いた中国の本だった。キム・ドンヒョク作家は、"本を見ると、私が知らなかったことも多かったよ。目鼻立ちの舌一つまでも観相の種類に分類をしておいてあった。このように体系的かつ学問的に研究がよくされているのを見て驚きを禁じえなかった"と説明した。

"観相"のシナリオが完成した後に映画化に着手し、妓生ヨンホン(キム·ヘス)が誕生し観相家ネギョン(ソン·ガンホ)の義理の兄弟ペンホン(チョ・ジョンソク)の比重が大きくなった。


"元詐欺師観相家キャラクターが妓生に変わり、キム·ヘスがキャスティングされた。映画のために作られた人物だが、キム·ヘスがえんじたので映画がもっとよくなりたいたかったよ。小さな役割なのに、引き受けてくれて"観相"が豪華になるのに一役しっかりとしている。ここではチョ・ジョンソクが引き受けたペンホンと甘草キャラクターが派生され、主人公のネギョンが持っていた役割を分けてもう一つの自我のような役割をした。"
※甘草キャラクター=愉快なキャラクターのようです marcy

ギムドンヒョク作家はチョ・ジョンソクが引き受けたペンポンの割合で"映画のトーンが重いので甘草の役割が必要だった。韓国映画の中の公式のように重い雰囲気を浄化させてくれる甘草を入れて観客を楽しませてくれるのが目的だった "と説明した。

チョ・ジョンソクが引き受けたペンホン役は、元も悪くなかった。しかし、ペンホンがチョ・ジョンソクに会って、より普及したキャラクターになったようだ。シナリオを書きながら、作品性を中心にだけ考えていた私自身もチョ・ジョンソクを見て反省した。

チョ・ジョンソクのために"観相"が観客たちから愛されるこことができる。

おそらく200万人は、チョ・ジョンソクの分け前ではないか。

"観相"900万突破はチョ・ジョンソクがいたからこそ可能だった。"



朝鮮最高観相家に癸酉靖難という歴史的な渦に巻き込まれる人物であるネギョンは、 "観相'を導く重要な人物。キム・ドンヒョク作家は、"最初から内径にソン·ガンホを考えたわけではないソン·ガンホがキャスティングされて映画の重みを少し減らして大衆性を指向するようになった"とし、 "ネギョン ソン·ガンホが最適の俳優だと思う"と賞賛を惜しまなかった。
(以降略)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201310221032449610

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/748-92bc9d5d
該当の記事は見つかりませんでした。